神戸市-KOBE-


平成30年度 灘区総合防災訓練

記者資料提供(平成30年9月7日)
灘区役所総務部総務課

平成30年度 灘区総合防災訓練

1 目的

 大地震が発生した想定での避難訓練を行うことで参加者に避難場所・避難経路を確認するとともに避難時に起こりうる問題を体感してもらい、実際の災害発生時の被害を回避・軽減することを目指します。
 また、この訓練では、災害時要援護者(高齢者・障がい者等)にも訓練に参加してもらうことで、要援護者の避難について注意・配慮すべき点を理解し、地域の方と要援護者との連携について考えます。

2 日時

平成30年9月9日(日曜)9時30分〜11時45分

3 場所

摩耶小学校

4 内容

〇 要援護者安否確認訓練

〇 防災体験・展示コーナー
(1)消防車の展示
(2)給水車を使った給水訓練
(3)災害時用トイレの展示
(4)レスキューロボットのデモンストレーション
(5)総合治水模型の展示(河川や下水道を整備する「ながす」対策に加えて、校庭、田んぼ、ため池などを活用して、雨水を一時的に貯留・浸透させる「ためる」対策、浸水が発生した場合でも被害を軽減する「そなえる」対策を組み合わせたものを「総合治水」といいます。)
(6)100均防災グッズの展示 非常品持出し体験
(7)防災に関するパネル展示等 等々
※内容は変更する場合があります。

5 訓練参加(協力)機関

摩耶防災福祉コミュニティ、神戸市立科学技術高等学校、チームTEC安2、灘警察署、灘消防署、灘消防団、危機管理室、環境局業務課、水道局東部センター、灘区役所

6 雨天時

※雨天決行、ただし午前7時現在で大雨・洪水・強風(暴風)いずれかの注意報以上が発表中の場合は中止とします。