神戸市-KOBE-


認知症の人にやさしいまちづくりに取り組んでいます。

2018.9.7ロバ

記者資料提供(平成30年9月7日)
保健福祉局
高齢福祉部介護保険課

認知症の人にやさしいまちづくりに取り組んでいます。

〜認知症を知り地域で安心して暮らせるために〜

平成30年4月に「神戸市認知症の人にやさしいまちづくり条例」を施行しました。本市では、認知症に対し関心を持っていただくためのさまざまな取組を行っています。その取組のひとつとして、認知症対策のイメージカラーである、オレンジ色に市内各地をライトアップします。あたたかい色に包まれ、認知症を知ることで、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができる、地域力を備えた、「やさしいまち」をめざします。

 <ライトアップの取組> 

 

 

1. 明石海峡大橋

明石海峡大橋  平成30年9月21日(金曜)  
  18時5分ごろ〜24時まで ライトアップ

2.モザイク大観覧車(ハーバーランド)

  平成30年9月19日(水曜)から9月24日(月曜)6日間 
  毎日18時〜23時まで 毎時00分
  「9月21日世界アルツハイマーデー」字幕1分
                 ライトアップ   3分
  「9月21日世界アルツハイマーデー」字幕1分    1セット 5分

3.「KOBEライトアップDAY」

観覧車  平成30年9月21日(金曜) 
  ・フラワーロード光のミュージアム(新神戸駅付近から神戸ポートオアシス周辺)
  ・メリケンパーク(BE KOBE、モニュメント等)
  ・かもめりあ(神戸港フェリー乗り場周辺)
  ・兵庫運河プロムナード
  ・ハーバーランドガス灯通り  
          ※点灯時間は日没以降で、各施設設定により異なります。

<認知症を知る取組>

  

1.中央図書館1階フロア展示

  平成30年9月19日(水曜)〜30日(日曜)まで (12日間)  
  認知症関連の本100冊とフロア展示
  テーマ「人にやさしく みんな明るく」〜認知症なんてこわくない〜

 2.兵庫県立美術館チラシ設置

   認知症関連チラシ設置(1階入口付近)