神戸市-KOBE-


平成30年(2018年)台風21号におけるベイ・シャトルの対応

記者資料提供(平成30年9月6日)
神戸市みなと総局経営企画部総務課

平成30年(2018年)台風21号におけるベイ・シャトルの対応

1.緊急交通手段としての臨時運航

 9月4日火曜、関西エアポート株式会社から神戸市に対し、台風21号の影響で関西国際空港内に滞留しておられたお客様を空港外へ輸送するため、神戸−関空ベイ・シャトル(運航:株式会社OMこうべ)の運航について要請がありました。
 同社をはじめ関係機関等と協議し、船舶給油施設使用等、安全運航に支障がないことを確認後、早朝より運航を開始しました。
 9月5日水曜6時20分頃より15から20分間隔で33便運航し、当日の輸送合計は3,066人となっています。
 なお、本日も臨時運航を行っています。

2.救援物資の搬送

 関西エアポート株式会社からの要請により、本市の備蓄物資(クラッカー3,150個、ツナ缶1,512缶)を提供するため、ベイ・シャトルによる搬送を実施しました。

臨時運航

救援物資搬送