神戸市-KOBE-


(株)神戸製鋼所、(株)コベルコパワー神戸及び(株)コベルコパワー神戸第二との環境保全協定の再締結

記者資料提供(平成30年8月30日)
環境局環境政策部環境貢献都市課 
(大気汚染防止対策、水質汚濁防止対策等公害防止対策について)
同 環境保全部環境保全指導課 
(発生源の常時監視について)
同 環境保全部自然環境共生課 

(株)神戸製鋼所、(株)コベルコパワー神戸及び(株)コベルコパワー神戸第二との環境保全協定の再締結

本市では、市内事業者と環境保全協定を締結し、事業活動に伴う環境への負荷の低減や健全で快適な環境の確保のために事業者が行う自主的な活動を促進しています。
このたび、(株)神戸製鋼所 神戸製鉄所の上工程設備の廃止及び(株)コベルコパワー神戸第二による神戸発電所(3、4号機)の新設計画を受け、これまでの協定について、項目や基準値を見直すととともに、従来より分かりやすいものとなるよう枠組みについても見直しを行い、本日、下記のとおり環境保全協定を再締結しました。

1.締結事業者

(株)神戸製鋼所、(株)コベルコパワー神戸及び(株)コベルコパワー神戸第二

2.協定締結日

平成30年8月30日(木曜)

3.新協定の特色

新設発電所の環境アセスメント手続きにおける市長意見で事業者に対して求めた内容(地球温暖化への対応及び地域への環境負荷を可能な限り低減させること)を、長期にわたって着実に実施させるための協定であり、下記の特色をもっています。

<公害防止対策として>
(1)ばい煙(硫黄酸化物、窒素酸化物、ばいじん)の排出量及び排出濃度について、事業場の操業状態を踏まえた複数段階((1)製鉄所上工程(高炉等)廃止後、(2)新設発電所3号機供用後、(3)新設発電所3、4号機供用後)の協定値を設定
(2)大気汚染・水質汚濁防止対策として
・ばい煙の年間総排出量及び水質汚濁物質の日間汚濁負荷量を、発電所の増設後も従来の協定値を下回る値に抑制
・既設も含めた発電所のばい煙の最大排出濃度、管理目標濃度の更なる低減
・新たに発電所排ガス中の水銀濃度の管理値や、燃料である石炭種の選定基準、排水中の窒素及び燐(リン)の日間汚濁負荷量の値を設定
(3)協定値の遵守状況等を確認するため、硫黄酸化物濃度等の連続測定値を、通信回線を通じて本市が取得し、監視する(発生源の常時監視)
<地球温暖化対策として>
事業者は、適正な森林管理・森林整備への貢献、バイオマス燃料の活用や水素製造・供給によるFCV(燃料電池自動車)普及への貢献など、事業場だけでなく、地域における二酸化炭素削減策に取り組む
<協定値超過時の対応として>
市への速やかな報告及び公表、発電所のばい煙が最大排出濃度を超過した場合は、必要に応じて負荷下げ又は停止措置の実施等について明確化
<上記以外の特色として>
従来の協定書と覚書について、分かりやすいものとなるよう統合

4.新協定の主な内容 

(1)大気汚染防止対策
<ばい煙の年間総排出量(発電所+製鉄所)>(第12条)

項目旧協定新協定法規制値
3号機
供用開始日前
3号機供用開始日以降、
4号機供用開始日前
4号機
供用開始日以降
硫黄酸化物730t638t665t706t
窒素酸化物1,500t1,049t1,306t1,457t
ばいじん250t148t188t190t

<ばい煙の管理目標濃度(年平均値)(発電所)>(第24条)

項目旧協定新協定法規制値
既設発電所(1・2号機)新設発電所
(3・4号機)
3号機供用   
開始日前
3号機供用開始日以降、
4号機供用開始日前
4号機供用 
開始日以降
硫黄酸化物8ppm8ppm6.5ppm5.2ppm4ppm
窒素酸化物15ppm15ppm15ppm12.5ppm11ppm
ばいじん5mg/m3N5mg/m3N5mg/m3N4mg/m3N3mg/m3N

<ばい煙の最大排出濃度(発電所)>(第25条)

項目旧協定新協定法規制値
既設発電所(1・2号機)新設発電所
(3・4号機)
3号機供用
開始日前
3号機供用開始日以降、
4号機供用開始日前
4号機供用
開始日以降
硫黄酸化物24ppm24ppm20ppm16ppm13ppm
窒素酸化物24ppm24ppm24ppm19ppm15ppm200ppm
ばいじん10mg/m3N10mg/m3N10mg/m3N8mg/m3N5mg/m3N100mg/m3N
※ 通常稼動時以外(関西電力の給電を外れている期間)については、20ppmを最大排出濃度とする。(立上げ・立ち下げ時を除く)
 

<排ガス中の水銀濃度(発電所)>(第26条)≪新≫

項目旧協定新協定法規制値
既設発電所新設発電所既設発電所新設発電所
水銀2.5μg/m3N10μg/m3N8μg/m3N
※超過した場合、速やかに再測定、石炭性状及び排ガス処理装置の稼動状態の確認を行う管理値として設定。

注:表中のm3Nはノルマル立方メートルを表す。
 

(2)水質汚濁防止対策
<排水※1に係る汚濁負荷量(発電所+製鉄所)>(第17条)

項目現行協定新協定法規制値※2
発電所3号機
供用開始日前
発電所3号機
供用開始日以降
化学的酸素要求量100s/日34.7kg/44.1kg/205.3s/日
窒素含有量70.3kg/89.2kg/186.7s/日
燐含有量1.98kg/3.87kg/18.67s/日
浮遊物質量500s/日30.3kg/49.2kg/
※1冷却水を除く
※2発電所3号機供用開始日以降の法規制値
 

(3)地球温暖化対策
<地球温暖化対策への貢献>(第32条)≪新≫
・二酸化炭素吸収源対策として、適正な森林管理、森林整備等に貢献する。
<二酸化炭素削減への具体的な取り組み>(第33条)≪新≫
・下水汚泥由来のバイオマス燃料の活用や水素製造・供給によるFCV(燃料電池自動車)普及への貢献など、地域での二酸化炭素削減策の実施に取り組む。
・事業場全体での二酸化炭素削減策を検討し、積極的に実施を目指す。
・二酸化炭素の回収・有効利用・貯留技術について、国等の技術開発状況を踏まえて所要の検討を継続的に行うとともに、日本鉄鋼連盟で実施している二酸化炭素分離回収の技術開発に積極的に取り組む。
・発電所の供用に伴う二酸化炭素総排出量の増加に見合う削減方策として、発電電力の供給先における取り組み状況を把握する。

(4)協定値にかかる取り決め
<協定値遵守のための対応>(第12条、第24条)≪新≫
・ばい煙の年間総排出量・管理目標濃度の達成見込みを3ヶ月毎に市に報告し、達成に支障を及ぼすおそれが生じたときは、速やかに原因を究明し、達成に必要な措置を講ずる。
<協定値を逸脱したときの対応>(第39条)≪新≫
・速やかに必要な措置を講じるとともに市に対して逸脱状況、原因及び対策について報告する。また、その内容を速やかに公表する。
・ばい煙の最大排出濃度を超過した場合には、直ちに応急の措置を講じるとともに速やかに市に対して報告する。その措置として必要と判断した場合、速やかに発電所の負荷下げ又は停止を行う。
<違背時の対応>(第40条)
・事業者が本協定に定める事項を履行しないときは、市は必要な勧告を行うことができ、勧告に応じないときは、市は施設使用の一時停止その他の必要な措置を指示し、一連の経過を公表する。

(5)事業者による情報公開(第43条〜第46条)
・ばい煙等の調査・測定結果を、ホームページ等を用いて開示する。また、自動連続測定結果をモニターにより市民に開示する。
・公害防止対策や地球温暖化対策等の実施状況に関する説明会を地域組織に対して定期的に開催し、また、必要に応じて説明を行う。
・災害及び事故等により生活環境への影響が生じるおそれが発生した場合には、速やかに公表するとともに、地域組織等に対して説明を行う。≪新≫

5.新協定(全文)

添付(別紙)のとおり

6.参考

(1)環境保全協定とは
  環境保全協定は、神戸市民の環境をまもる条例に基づき、事業活動に伴う環境への負荷の低減や、健全で快適な環境の確保を目的として、事業者が主体的に行う環境保全活動を本市と協約する制度。

(2)神戸市民の環境をまもる条例(抜粋)
第5章 環境保全協定
(環境保全協定の締結)
 第40条 市長は,事業活動に伴う環境への負荷の低減その他健全で快適な環境の確保のために事業者が行う自主的な活動を当該事業者と協働して促進するため,規則で定める事業所(以 下「指定事業所」という。)について,指定事業所に係る事業者との間に,指定事業所において行う健全で快適な環境の確保のための活動についての協定(以下「環境保全協定」という。)を締結することができる。
(環境保全協定の内容)
 第41条 環境保全協定は,次に掲げる事項について定めるものとする。
       (1) 環境管理体制の整備に関すること。
       (2) 環境への負荷の低減に関すること。
       (3) 前2号に掲げるもののほか,健全で快適な環境の確保のための活動に関すること。

(3)神戸製鋼との環境保全協定にかかる主な経緯
  平成10年12月 (株)神戸製鋼所と環境保全協定及び覚書を締結
  平成13年9月  協定を一部改定 
  平成18年10月  協定を一部改定 
  平成30年8月  (株)神戸製鋼所、(株)コベルコパワー神戸、(株)コベルコパワー神戸第二と環境保全協定を再締結
 ※従来の(株)神戸製鋼所・(株)コベルコパワー神戸との環境保全協定は失効

(4)神戸発電所3、4号機の新設計画(概要)
  事業者: (株)コベルコパワー神戸第二
  所在地: 神戸市灘区灘浜東町2番地
  種 類: 石炭火力発電所
  出 力: 合計130万kW(3号機 65万kW、4号機 65万kW)
  工事開始時期: 2018年度(予定)
  供用開始時期: 3号機 2021年度(予定)
             4号機 2022年度(予定)

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。