神戸市-KOBE-


10月から神戸市産婦健康診査助成事業が始まります。

子育て応援団

記者資料提供(平成30年8月22日)
こども家庭局
こども企画育成部こども家庭支援課

10月から神戸市産婦健康診査助成事業が始まります。

〜産後の母親の心身を確認し妊娠期からの切れ目のない支援を充実します〜

 産後うつの予防や新生児への虐待予防などを図るため、産後2週間、産後1か月などの出産後間もない時期の産婦に対する健康診査(以下「産婦健康診査」)において、母親の身体的機能の回復、授乳状況及び精神状況の把握を行うことの重要性が指摘されています。産婦健康診査にかかる費用を助成することにより、産後の初期段階における母子に対する支援を強化し、妊娠期からの切れ目のない支援を充実し産後うつの予防及び母子の愛着形成の促進、虐待の未然防止を図ります。

1.助成制度の概要

(1)対象者
  神戸市に住所のある、おおむね産後1か月の産婦とします。その他、医師等が必要と判断した場合は産後2週間の産婦も対象とします。
(2)回数
  産後1か月時の1回を基本とします。(医師等が必要と認めた場合は、産後2週間も実施可能とし、上限2回)
(3)助成額
  産婦健康診査に係る費用のうち、1回あたり上限5,000円まで助成します。
(4)対象項目
  問診・診察、体重・血圧測定、尿検査(蛋白・糖)、こころの健康チェック

2.利用方法

平成30年10月1日以降に受診する産婦健康診査より使用可能です。
 ・産婦健康診査受診券を利用可能な契約医療機関・助産所に提出して下さい。
 ・5,000円を超える費用は自己負担になります。
 ・契約医療機関以外で利用した場合の償還払いはできません。

3.受診券の交付開始日

平成30年9月3日(月曜)

4.受診券の交付方法

平成30年9月以降は母子健康手帳の交付時にお渡しします。
平成30年8月以前に母子健康手帳の交付を受けた妊産婦については
 (1)市内の医療機関を受診している場合
   産婦健康診査実施医療機関より、対象の妊産婦へ産婦健康診査受診券綴りをお渡しします。
 (2)市外の医療機関を受診している場合
   郵送、もしくは区・支所のこども保健係・西神中央出張所保健福祉サービス窓口での申請によりお渡しします。