神戸市-KOBE-


KIITO:NGOグリーンピース エネルギー担当者から、国内外の自然エネルギー活用事例を聞くトークイベント

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

記者資料提供(平成30年8月10日)
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

KIITO:NGOグリーンピース エネルギー担当者から、国内外の自然エネルギー活用事例を聞くトークイベント

 神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。
この取り組みの一環として、次のとおりイベントを開催いたしますので、ぜひご参加ください。

未来のかけらラボ vol.13 トークセッション

画像「未来をつくる自然エネルギー 〜小さな地域がすすめる持続可能な自然エネルギー×「X」とは?」

太陽光や風力など自然エネルギーときくと、あてにならない電気って思っていませんか? 実はいま、世界中で、地域発の自然エネルギーがどんどん広がっていろいろな「化学反応」が起きています。「自然エネルギー×まちづくり」だったり、「自然エネルギー×食」「自然エネルギー×クリエイティブ」だったり。このトークでは、そもそも自然エネルギーって何か? というお話から、世界で起きているダイナミックな変化、日々の生活で私たちにできることなどを、みなさんにご紹介できればと思います。「自然エネルギー」は聞いたことがあってもよく分からない、少しは知っているけど実際にどうなの? そんな疑問、大歓迎です。ぜひご参加ください。

開催概要

|タイトル|未来のかけらラボ vol.13 トークセッション
      「未来をつくる自然エネルギー 〜小さな地域がすすめる持続可能な自然エネルギー×「X」とは?」
|日程|平成30年9月19日(水曜)19時〜20時半
|会場|デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) 1Fカフェ
|講師|石川 せり(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン エネルギー担当)
|モデレーター|芹沢高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)
|参加|500円(1ドリンク付き) |定員|40名(事前申込優先)
|お申込|KIITOウェブサイトからお申し込みください。
|主催|デザイン・クリエイティブセンター神戸

講師プロフィール

石川 せり(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン エネルギー担当)

画像1990年神奈川県生まれ。3.11の経験を通して、人と環境を犠牲にしていたこれまでの生き方に気がつき、命の源である「環境」を守ることをライフワークにすると決心。2015年、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンのファンドレイジング部に入職。2016年からはエネルギーチームの一員として、 主に自然エネルギー100%社会の実現に向けて活動中。

芹沢高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)

画像1951年東京生まれ。89年にP3 art and environmentを開設。99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(03〜16年)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」総合ディレクター(09年、12年、15年)、さいたまトリエンナーレ2016ディレクター。

「未来のかけらラボ」とは?

画像現代社会はさまざまな意味で混迷を深めています。未来が見えにくくなっており、そのために、希望を感じにくくなっているとも言えるでしょう。このラボはデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)のセンター長・芹沢高志をモデレーターに、身近に散らばる多様な未来のかけら、つまり可能性の芽を拾い集め、草の根的に自分たちの未来を思い描こうとしていく試みです。