神戸市-KOBE-


コープこうべのフードドライブを神戸市内全店舗に拡大実施します

記者資料提供(平成30年8月9日)
環境局環境政策部資源循環政策課
生活協同組合コープこうべ 企画政策部 環境推進

コープこうべのフードドライブを神戸市内全店舗に拡大実施します

〜フードドライブに参加して食品ロスを削減しよう!〜

神戸市では、資源を有効利用し、ごみができるだけ発生しないくらしと社会(循環型社会)の実現、ひいては二酸化炭素の排出が少ないくらしと社会(低炭素社会)を目指して、ごみ排出量10%削減を目標に掲げており、その一環として食品ロス削減の取組を進めています。
家庭の台所ごみの約2割を占める「食品ロス」(手つかず食品・食べ残し)の削減に向け、小売事業者と連携したフードドライブを平成29年度にモデル実施したところ、取組の継続を希望する市民の声が多く、食品ロス削減の効果も認められました。この度、生活協同組合コープこうべの市内全店舗に拡大して夏の「フードドライブ」を実施します。
この機会に、ご家庭で余っているお中元などのもらい物や、ご家庭の災害備蓄品などの在庫食品の賞味期限を確認いただき、まだ食べられる食品がありましたらご提供をお願いいたします。

◆実施日・場所◆

小売事業者:生活協同組合コープこうべ
実施店舗:神戸市内全店舗(改装中のコープデイズ神戸北町を除く計60店舗)
実施日時:8月20日(月曜)から22日(水曜) 店舗営業時間内

◆回収品目・回収方法◆

(1)回収品目: 1か月以上賞味期限の残っている常温保存可能な食品 ※詳細はチラシ参照。
         (例:米・缶詰・レトルト食品・インスタント食品・乾麺など)
(2)回収方法:実施店舗のサービスコーナー(コープミニはレジ)で受付

◆その他◆

今回のフードドライブでは、家庭からお持ちいただいた食品は、フードバンク関西等を通じて、福祉施設・団体、こども食堂など、食支援を必要としている施設・団体・個人へ無償で提供します。

フードドライブの流れ

【フードドライブとは】

家庭で余っている食品を地域のイベントや学校、職場などに持ち寄り、それを必要としている福祉団体・施設等に寄付する活動のこと

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。