神戸市-KOBE-


姉妹都市バルセロナ市との国際連携ワークショップ「WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2018」参加者募集!!

記者資料提供(平成30年8月6日)
企画調整局政策企画部産学連携課

姉妹都市バルセロナ市との国際連携ワークショップ「WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2018」参加者募集!!

1.開催趣旨

 神戸市では、オープンデータの蓄積・公開を推進し、市民・事業者とICTを活用して地域課題を解決するオープンガバメント社会の構築を支援しています。そのためには、ICTを活用できる若手人材育成が不可欠です。
 そこで、昨年に引き続き、若手IT人材育成の一環として、オープンデータ利活用やオープンガバメントの分野において先進的な姉妹都市・バルセロナ市との連携により、まちづくり×ICTをテーマとする、オープンデータのヴィジュアライズ(可視化)を通じたワークショップ及び先進事例を学ぶ視察ツアー「WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2018」を開催します。

ロゴ
 バルセロナでICTを活用したまちづくりを推進する中心人物や意欲のある他の参加者と国際舞台で意見を交わすことで、新しい着想を得ることができる絶好の機会です。参加者は日本国内にとどまらず、バルセロナ市を中心にスペイン国内でも募集します。
 なお、プレゼンテーションには通訳がつきますので、日本語でOKです!
 ぜひ奮ってご応募ください!

2.ワークショップ・視察ツアーの行程(予定)

(1)1stステージ【バルセロナ】 平成30年11月10日(土曜)〜13日(火曜)
・ワークショップ
 1日目はスマートシティ関連ソリューションの発信基地として9月完成予定の「Ca l’Alier」を会場に参加者によるプレゼンテーション・意見交換を実施し、1日目の優秀者は会場をSmart City Expo World Congress 2018へ移し、その会場内にてプレゼンテーションを行っていただきます。その他、スマートシティを推進する企業による講演も予定しています。
・バルセロナスマートシティ視察ツアー
 社会課題の解決、ソーシャルイノベーション、市民生活の質の向上に対してデータやデジタル技術を活かすバルセロナ市の実践を視察するツアーを実施します。
 ※視察先は現在調整中

前回1stステージ(バルセロナ)の様子
(2)2ndステージ【神戸】 平成31年2月16日(土曜)〜17日(日曜)
・ワークショップ
 1stステージで発表・意見交換された作品が、各参加者によりブラッシュアップされた形で再度発表・意見交換され、最終的にオープンデータ活用事例の創出につなげることを目指しています。
 ※上記行程については、状況に応じて変更・延期等の対応を行う場合があります

3.応募要領(抜粋)

・応募期間:平成30年8月6日(月曜)〜9月7日(金曜)17時
・参加費用:5万円
※バルセロナでの3泊分の宿泊費・バスでの移動費と食費の一部を含みます。
※バルセロナ現地までの往復渡航費及びその他の滞在費は参加者ご自身でご負担ください。
・募集人数:15組程度(個人またはグループ(最大2名)での応募が可能です)
※審査員による書類審査の上決定します。
・応募方法:下記のホームページ内「応募要項」の「応募方法」に記載されている方法
によりお申込みください。
※選考方法、応募条件、過去の開催実績、その他詳細については、下記のホームページでご確認ください。