神戸市-KOBE-


神戸港観光バス助成の要件を改正しました

記者資料提供(平成30年8月1日)
神戸市客船誘致協議会 (事務局:神戸市みなと総局振興課)

神戸港観光バス助成の要件を改正しました

“よりご利用いただきやすくなりました!”

 神戸市客船誘致協議会では、クルーズ客船で寄港する外国人旅行者の市内誘客を促進するため、兵庫県と連携して、平成29年10月より神戸市内観光バスツアー造成に対する助成を実施しております。
 このたび、市内への更なる誘客を図るため、兵庫県と共同でこれまでよりもご利用いただきやすい内容に改正しました。ぜひご活用ください。

1.改正内容

(1)助成対象催行時間の変更

ツアーの催行時間を「5時間以上」を「3時間以上」に変更

(2)対象ツアーの範囲拡大

「市内のバス会社を利用していること(支店、事業者も可)」、「大型バス:車両総重量8トン以上または乗車定員30人以上」を削除(兵庫県の助成制度と内容を統一)

(3)助成対象経費の変更

バス借り上げ経費から消費税を除く(兵庫県の助成制度と内容を統一)

(4)承認・支払い時期の変更

「半期ごと」を「四半期ごと」に変更

2.利用条件の概要

(1)対象事業者

クルーズ客船の寄港地観光を企画・実施する旅行会社(ランドオペレーター)

(2)対象事業

クルーズ客船の乗船客を対象とした神戸市内観光を目的とする借り上げバス運行で、下記の要件を満たすものに対して助成を行う。
1)目的地が神戸市内であること(市外の観光地を含んでいないこと)
※ただし、姫路城又は城崎温泉、あるいは双方を含んでいる場合で「クルーズ船外国人乗客向け県内観光ツアー助成」の認定を受けたものについては兵庫県分の助成対象となります。
2)2箇所以上の神戸市内の観光施設等を訪問すること
(例 (1)北野異人館散策→(2)六甲山散策→(3)灘の酒蔵めぐり =3か所)
3)ツアーの催行時間が3時間以上であること
4)借り上げバスを利用した団体旅行であること(団体旅行:参加者10人以上)

3.助成額

最大5万円/台(神戸市客船誘致協議会分、兵庫県分は別途最大5万円/台)

4. 適用開始

平成30年7月入港分より適用

5.事業の流れ

助成制度利用申込(送付先:神戸市客船誘致協議会)
→ 神戸市内観光ツアー催行
→ 事業完了届け提出(ツアー催行後速やかに)
→ 審査・決定・助成金支払(四半期ごと)

6.助成実施要領・様式

詳細は以下のサイトから閲覧・ダウンロードできます。
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/leisure/harbor/passenger/

7.その他

(1)実施期間分をとりまとめ四半期ごとに審査の上、予算の範囲内で助成金額を決定します。
(2)兵庫県が実施する「クルーズ船外国人乗客向け県内観光ツアー助成」との併用が可能です。