神戸市-KOBE-


「ナイトタイムエコノミー」と「食」による外国人観光客の誘致に取り組みます

観光局ロゴ

記者資料提供(平成30年7月25日)
一般財団法人神戸観光局 観光部

食べ・飲み歩きツアーやアプリの活用等による新たな観光コンテンツの開発へ!

「ナイトタイムエコノミー」と「食」による外国人観光客の誘致に取り組みます

〜神戸DMO「神戸観光局」と共に取り組む「公民共創事業」の事業者が決定〜

 神戸市を訪れるインバウンド客は平成27年に100万人を突破し、その後も年々伸び続けているものの、増加する訪日外国人のさらなる取り込みが必要です。
 そこで、神戸DMOの(一財)神戸観光局では、新たな観光コンテンツを協働で開発・実施する事業者を募集し、このたび、選定審査会において3事業者を選定しましたので、お知らせいたします。

1.公民共創事業の取り組み

 神戸ならではの観光資源を生かし、特にインバウンド誘致につなげるため、今年度は、「関西来訪者の確実な取り込み」と「訪日予定者への動機づけ」に効果が見込まれる「ナイトタイムエコノミー」と「食」の2つをテーマに設定しました。
 今後、順次イベント・キャンペーンを実施するとともに、次年度以降も継続的に取り組むことで、神戸への観光客の誘致と観光消費拡大による神戸経済の活性化を図っていきます。

2.採択事業・提案の概要

夜の街の賑わい(1)ナイトタイムエコノミー(応募:6者)
  外国人観光客に人気の「食べ・飲み歩きのツアー」や、「神戸らしさ」を感じられるライブハウスやバーを巡る、アプリを活用した仕掛けづくりなど、「夜のまちの賑わいづくり」に直結する観光コンテンツの開発に取り組みます。

 事業1・・・神戸ナイトサーフィン
 事業者・・・神戸・元町インバウンド協議会
 実施時期・・・平成30年10月〜平成31年3月
 【提案の概要】
 夜にも何か楽しい経験をしたい、地元のお店で飲食したいという要望に応えるため、外国語対応可能なガイドと神戸のローカルな立ち飲み・バー等を短時間で数店舗巡るツアーを開催。雅楽鑑賞や夜景ツアー、ナイトミュージアムツアー等のイベントも順次組み込んでいく。

 事業2・・・生田コレクター(IKUTA COLLECTOR)
 事業者・・・(有)アームテックパブリシャーズ
 実施時期・・・平成30年10月〜平成31年3月
 【提案の概要】
 ライブハウスやバーを巡る仕掛けづくりと、参加店舗や神社を使用したメインイベントを開催。具体的には、専用アプリをダウンロードし、BARに設置したQRコードを読み取ることでポイントを獲得。獲得したポイントはライブハウスへの入場クーポンと引き換えることができる。メインイベントは生田新道界隈全体が盛り上がるような夜のイベントとする。

シュトーレン(2)食(応募:3者)
  「パン食文化」という神戸ならではの資源を生かしてイスズベーカリーやケルン、フロインドリーブなど幅広い事業者に参画いただき、※神戸と関わりの深い「シュトレン(ドイツの菓子パン)」を中心としたイベント・プロモーションを展開し誘客を図ります。

 ※神戸とシュトレンをめぐるエピソード
   第2次大戦直後、神戸の孤児院の施設長が、当時ドイツを占領していた国の1つであるアメリカの大統領に送った手紙がきっかけで、終戦後の混乱でドイツから戻れずにいたフロインドリーブ2世夫婦の日本帰国が叶った。このことに感謝して「シュトレン(ドイツの菓子パン)」を神戸の孤児院に贈り、今では贈り物は毎年の恒例行事となっている。

 

 事業・・・HYOGOシュトレンフェスト〜大切な人と“ありがとう”。大切な人へ“ありがとう”。〜
      多様な文化融合から生まれた「兵庫・神戸のパン食文化」から届けたいこと
 事業者・・・HYOGOシュトレンの会
 実施時期・・・平成30年11月〜平成30年12月
 【提案の概要】
 ドイツの伝統的な菓子パン「シュトレン」を通して、兵庫・神戸のパン食文化や、兵庫・神戸とドイツの繋がり等を多くの方に知ってもらい、国内外からの誘客を図るためのイベントを実施する。具体的には、HYOGOシュトレンフェストオープニングイベントで各店のシュトレンやパンを販売、シュトレンに合わせたコーヒーやお酒の提案などを行う。また期間中はシュトレンづくり・食べ比べ体験、オリジナル「HYOGOシュトレン」の販売等を行う。

3.神戸観光局による支援について

 公民共創事業では、公民連携で神戸の観光振興に取り組むという視点から、事業費の負担だけではなく、事業の共同実施者として様々な支援を実施します。
 (1)事業費の負担
   事業立ち上げ期(準備期間〜開始初年度)にかかるプロモーション及び初期調達等のイニシャル経費の一部として1事業につき300万円を上限に負担します。
 (2)プロモーション支援
   市及び神戸観光局の媒体を活用し、プロモーション支援を行います。
 (3)関係者との調整
   神戸観光局が共同実施者として、会員からの参画事業者の募集や各関係機関との調整支援を行います。

4.今後のスケジュール(予定)

 平成30年7月下旬〜    事業実施
 平成30年10月〜      イベント・キャンペーンの実施
 平成31年3月        事業成果の報告