神戸市-KOBE-


『第45回神戸ファッションコンテスト2018』

記者資料提供(平成30年7月23日)
経済観光局経済部ファッション産業課
公益財団法人神戸ファッション協会 

〜神戸から世界へ〜

『第45回神戸ファッションコンテスト2018』

最終審査会(12月)に挑む15名が決定

 世界を舞台に活躍するクリエイターの輩出を目指し、ヨーロッパへの留学支援プログラムとして開催している神戸ファッションコンテスト。1973年の「ファッション都市宣言」の翌年、1974年より毎年開催されており、今年で第45回を迎えます。
これまでに115名(2017年度受賞留学予定者5名を含む)の留学生を海外のファッション系大学・専門学校へと送りだしてきた歴史と実績を有し、コンテスト出身者がイエール国際モードフェスティバルでグランプリを受賞するなど、「ファッション都市・神戸」から次代を担う多くの若きクリエイターが世界へ羽ばたいています。
このたび、7月20日(金曜)に一次審査会を開催し、97名の応募の中から、最終審査会(11月30日(金曜)と12月1日(土曜)開催予定)に挑む15名を選出しました。
 これから、最終審査会までの約4カ月間、一次審査通過者15名は海外留学の権利獲得を目指して、応募デザインの実物作品(3作品)を制作し、最終審査会当日は国内・海外審査委員7名とのプレゼンテーション審査、及びショー形式の審査会に挑みます。

一次審査

1. 第45回神戸ファッションコンテスト2018の開催概要

(1) スケジュール

項目日程概要
募集期間6月13日(水曜)
〜7月13日(金曜)
全国からレディースウェアのデザインを募集
応募者数:97名
一次審査会7月20日(金曜)会場:アリストンホテル神戸
概要:最終審査に挑む15名を国内審査委員が書類審査により選出
審査資料:作品テーマ・コンセプト等を書いた応募用紙、
デザイン画3枚、ポートフォリオ(過去の作品集)
最終審査会11月30日(金曜)
12月1日(土曜)
会場:神戸ファッション美術館
概要:国内審査委員(一次審査に同じ)、海外校の関係者4名の合計7名の審査委員が展示形式のプレゼンテーション審査とショー形式の審査会により、留学資格を得る5名を決定
(※ショー形式の審査会は一般公開予定)

2. 一次審査会の開催概要

(1) 日時   7月20日(金曜) 13時〜16時
(2) 場所   アリストンホテル神戸(神戸市中央区港島中町6丁目1番)
(3) 審査委員
   《審査委員長》
     齋藤  統(さいとう おさむ) パリAECC社、NO SEASON社 社長
   《国内審査委員》
     江角 泰俊(えずみ やすとし) ファッションデザイナー「EZUMI YASUTOSHI」
     寺澤 真理(てらさわ まり) (株)三越伊勢丹 新宿婦人営業部 TOKYO解放区 バイヤー
(4) 審査結果   入選者(一次審査通過者)15名 ※別紙リスト参照

3.その他

(1) 賞 特選5名に留学校奨学生として下記の学校の本科1年間の留学資格を付与
《フランス》パリ・クチュール組合学校(パリ)           1名
      エスモード パリ(パリ)              1名
《イタリア》アカデミア・コストゥーメ・エ・モーダ(ローマ)  1名
《イギリス》ノッティンガム芸術大学(ノッティンガム)     2名

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。