神戸市-KOBE-


看護師の語りから見えてくるもの

記者資料提供(平成30年7月23日)
保健福祉局
看護大学事務局

平成30年度 神戸市看護大学 看護専門職講座

看護師の語りから見えてくるもの

今年度の神戸市看護大学看護専門職講座では、近年、看護師や助産師たちへの聞き取りなどのフィールドワークを行いながら、様々な「他者との接触」の場面について、テクスト分析と臨床実践の双方からアプローチする新しい哲学を切り拓いている村上靖彦先生をお迎えいたします。本講演を通じて、様々な領域で働く皆さま一人ひとりの看護実践について振り返り、捉え直す機会にもなると思います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

1.日時

平成30年9月15日(土曜) 14時〜16時

2.会場

神戸市看護大学ホール

3.講師

大阪大学大学院 人間科学研究科 村上 靖彦 教授
【主な著書】
「摘便とお花見 看護の語りの現象学(2013年)」、
「仙人と妄想デートする 看護の現象学と自由の哲学(2016年)」、
「在宅無限大 訪問看護の現象学(2018秋出版予定)」、
「自閉症の現象学(2008)」他著書、論文多数

4.定員

300人

5.申込締切日

平成30年9月14日(金曜)
 (空席がある場合は、当日受付もいたします。)

6.参加費

1,000円(当日受付でお支払いください)

7.申込方法

件名を「9月15日専門職講座」として、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、職種(看護師、保健師、助産師等)を記載のうえ、Eメール(office@tr.kobe-ccn.ac.jp )にてお申し込みください。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。