神戸市-KOBE-


第2回 神戸海洋産業セミナーの参加者を募集します

記者資料提供(平成30年7月20日)
公益財団法人神戸市産業振興財団 創業・新事業支援部
テクノオーシャン・ネットワーク事務局(一般財団法人神戸観光局内)

第2回 神戸海洋産業セミナーの参加者を募集します

150年前の開港以来、港と共に歩んできた神戸には、造船や海運について優れた技術を持つ企業が多数あり、海洋産業分野が発展していく地盤が形成されています。
本年4月、海洋産業に携わる、または関心を持つ神戸地域の中小企業・研究機関・支援機関が集まり「神戸海洋産業ネットワーク」(Kobe Ocean Industy Network、 KOIN)を結成しました(事務局・神戸市産業振興財団)。今後、セミナーの実施や情報収集、公的機関・民間先進企業等への施設見学会などを通じて、海洋産業分野への進出・取引拡大をめざし活動していきます。
このたび「テクノオーシャン」を主催するテクノオーシャン・ネットワークとの共催により「第2回 神戸海洋産業セミナー」を開催いたします。
今回は、国立研究開発法人海洋研究開発機構の吉田 弘氏をお招きし、海洋産業の現状、新たな技術、将来ポテンシャルのある海洋産業などをテーマに講演を行います。あわせて地元企業2社から、海洋産業にかかる開発事例を紹介します。
セミナーの後には交流会もございますので、神戸市内で海洋産業に携わっている事業者様、海洋産業にご関心のある皆様は、ぜひご参加ください。

1.内容

(1)開催概要

日程:平成30年8月1日(水曜)
時間:16時〜19時30分(交流会:18時30分〜19時30分)
場所:神戸市産業振興センター9階 901会議室
対象:神戸市内で海洋産業に携わっている事業者、海洋産業に関心のある方
参加費:無料(ただし、交流会に参加する場合は2,500円)
定員:50名
応募方法:添付のチラシ裏面の申込み内容をご確認の上、当財団ホームページの申込みフォーム又は、EメールもしくはFAXにてお申込みください。電話でのお申込みも受け付けています。
※ 定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

(2)プログラム

・第1部 講演(16時〜17時)
「いまこそ新たな海洋産業に挑むとき−技術屋の視点での海洋産業への取組ポイント−」
講師:吉田 弘氏(国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)海洋工学センター・海洋基幹技術研究部 部長)
内容:海洋産業の現状、新たな技術、将来ポテンシャルのある海洋産業などを紹介し、日本人のメンタリティを加味したうえで、これからどうすべきかの見解を展開していただきます。

・第2部 神戸地域の企業による開発事例紹介(17時10分〜18時15分)
1.「AUV開発状況と英国実域試験」
  発表者:湯浅 鉄二氏(川崎重工業株式会社 船舶海洋カンパニー フェロー)
  内 容:AUV開発の背景とその状況や、昨年11月に英国にて実施したプロトタイプの海上試験状況報告、今後のスケジュールなどを紹介します。

2.「木工用刃物メーカーの海洋産業への挑戦」
  発表者:中橋 久行氏(株式会社中橋製作所 専務取締役)
   内 容:小規模事業者がこれまでの技術を活かし、海洋産業に挑戦した、ひとつの事例を紹介します。

・第3部 交流会(18時30分〜19時30分)
  講演終了後、交流会を開催します。ぜひお気軽にご参加ください。

その他詳細、申込内容などは添付の案内チラシをご覧ください。

2.お問い合わせ

公益財団法人神戸市産業振興財団 創業・新事業支援部 創業支援課
TEL:078-360-3202
Eメール:kobe-sogyo-shinjigyo@kobe-ipc.or.jp

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。