神戸市-KOBE-


「トーホーストア」でフードドライブを試行実施します

記者資料提供(平成30年7月17日)
環境局環境政策部資源循環政策課
株式会社トーホー 広報・IR室

〜フードドライブに参加して食品ロスを削減しよう!〜

「トーホーストア」でフードドライブを試行実施します

神戸市では、資源を有効利用し、ごみができるだけ発生しないくらしと社会(循環型社会)の実現、ひいては二酸化炭素の排出が少ないくらしと社会(低炭素社会)を目指して、ごみ排出量10%削減を目標に掲げており、その一環として平成28年度より食品ロス削減の取組を進めています。
平成29年度に、小売事業者と連携したフードドライブをモデル実施したところ、食品ロス削減の効果が認められるとともに、取組の継続を希望する多くの声をいただきました。
これを受け、現在、一部の小売事業者の店舗においてフードドライブが定例実施されていますが、株式会社トーホーストアと協議を行った結果、このたび、同社においては以下のとおり試行実施することになりました。
ご家庭の在庫食品の賞味期限を確認いただき、消費する予定が無い食品がありましたらご提供をお願いします。

1.実施店舗・日時等

・事業者名:株式会社トーホーストア
・実施店舗:トーホーストア六甲道駅前店(灘区備後町5−3−1)
・実施日時:平成30年8月5日(日曜)〜12日(日曜)、各日9時〜18時(営業時間は23時まで)

2.回収品目・回収方法

・回収品目:(1)〜(5)を全て満たすもの(例:缶詰・レトルト食品・インスタント食品・乾麺・米等)
 (1)未開封のもの(外装が破損していないもの)
 (2)賞味期限が1ヶ月以上残っているもの
 (3)常温保存のもの(冷凍・冷蔵食品以外)
 (4)製造者または販売者が表示されているもの 
 (5)成分またはアレルギー表示のあるもの
 ※アルコール類(みりん・料理酒は除く)や手作りの品は対象外
・回収方法:実施店舗に設置した専用の回収ボックスに、持ち寄った食品を入れていただく。

3.その他

・家庭からお持ちいただいた食品は、認定特定非営利活動法人フードバンク関西を通じて、食支援を必要としている人へ届けます。
・8月5日(日曜)は、午前中にワケトンも登場し、市民に食品提供を呼びかけます。
・試行実施後については、今回の取組の効果・課題等を評価・検証し、検討していきます。

【フードドライブとは】

家庭で余っている食品を地域のイベントや学校、職場などに持ち寄り、それを必要としている福祉団体・施設等に寄付する活動のこと

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。