神戸市-KOBE-


商品開発講座「ものデザインコラボLAB KOBE」 8社が商品開発に向けた企画策定に取り組みます!

記者資料提供(平成30年7月17日)
経済観光局
経済部工業課

商品開発講座「ものデザインコラボLAB KOBE」 8社が商品開発に向けた企画策定に取り組みます!

 神戸市は、都市戦略「デザイン都市・神戸」の取組の一環として、デザインの力を活かした産業の振興に取り組んでいます。
 その取り組みとして、デザイン(=戦略)の視点から、ものづくり中小企業を対象に、自社や製品のブランドコンセプトを固めて具体的な商品開発につなげるための商品開発実践プログラムを実施します。
 このたび、第4期の参加企業が決定しましたのでお知らせします。参加企業は全8回のプログラムを通じて自社の商品企画を練り、次年度以降、別途具体的な商品開発を通じて試作品をつくることを想定しています。

1.「ものデザインコラボLAB KOBE」第4期参加企業の決定(50音順)

 事業者名業種
1井上食品株式会社水産加工品製造業
2伊福精密株式会社金属精密部品製造
3株式会社神戸酒心館製造業(日本酒)
4株式会社伍魚福食品メーカー(高級珍味 製造・卸)
5有限会社シューフォルテ皮革婦人靴製造業
6株式会社昭和製作所製造業
7トーラク株式会社食品製造・販売(スイーツ)
8株式会社BarcaFiore(バルカフィオーレ)天然精油とハーブを使った商品開発・販売

2.「ものデザインコラボLAB KOBE」プログラム内容等

(1)会場
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)(神戸市中央区小野浜町1-4)
※第2回は参加企業訪問

(2)講師
金谷 勉(CEMENT PRODUCE DESIGN. LTD  代表取締役)

(3)プログラム内容

第1回 7月20日(金曜)18時〜20時 
「自社分析1 自社・競合・状況を十分に分析する」
自社の現状や他社競合の状況について整理し経営資産を分析します。進みたい先やつくりたいモノを見据えて現状を纏めます。

第2回 8月2日(木曜)、3日(金曜) 時間別途調整
「参加企業訪問」
自社分析フェーズにおいて、参加企業を実際に訪問し、製造状況などヒアリングします。

第3回 9月13日(木曜) 18時〜20時 
「自社分析2 自社と他社のポジションを確認する」
参加企業訪問を通じて、前回分析した状況を掘り下げ、自社の立ち位置を見つめ直します。
自社の事業、商品にとって差別化のキーワードになる単語を拾って、強みと機会を洗い出します。

第4回 10月18日(木曜) 18時〜20時
「市場・顧客のターゲティング 自社の差別化できる場所を見出す」
自社の商品やサービスの強みを絞り込み、どのような市場を狙うのか。どのような顧客を想定するのか。自社ブランドの方向性を追求し、ターゲットを定めます。

第5回 11月22日(木曜) 18時〜20時
「コンセプト固め 「自社の想い」や「志」をもとにビジョン設計を行う」
こうなりたい自社の姿、こうありたいモノづくりへの想い、自社や商品のブランドコンセプトを固めます。

第6回 12月20日(木曜) 18時〜20時
「商品企画1 コンセプトを満たす事業(商品/サービス)を考える」
前回固めた自社のコンセプトを満たす商品やサービスは、どんなビジュアルイメージ(世界観)になるか考えます。イメージした方向性でぶれはないか、もう一度考えてみて、確定します。

第7回 1月24日(木曜) 18時〜20時
「商品企画2 商品のアイディアと発想を繰り返す」
基本コンセプトから新商品のアイディアや発想を繰り返すブレストを行います。アイディアを出し、つくりたいものを企画します。

第8回 2月22日(金曜) 18時〜20時
「企画プレゼン演習 ブランドコンセプトの確立」
これまでのまとめとして、つくりあげた商品企画を軸に、なりたい姿、つくりたいモノについてプレゼンし、今後の展開についてのアドバイスを受けます。

講座写真