神戸市-KOBE-


倉敷市への土嚢袋の緊急送付について

記者資料提供(平成30年7月17日)
危機管理室

倉敷市への土嚢袋の緊急送付について

 平成30年7月豪雨に伴い、甚大な被害を受けた倉敷市長から、神戸市長に対して、7月15日(日)夕刻、土嚢袋の緊急要請がありました。
 連休明けには国等の支援が届く予定でしたが、連休中にも在庫の払底が予想され、復旧作業への深刻な影響が予想される逼迫した状況下での緊急要請でした。

 神戸市では、15日夕刻から、翌日早朝にかけて、市内各所の消防署や建設事務所から約20,000枚の土嚢袋を急遽集積するとともに、夜間に運搬車両3台の手配を行い、16日9時20分に、倉敷市に向けて送り出しました。

1.日時

7月15日(日曜)19時頃、倉敷市長より要請
7月16日(月曜・祝日)9時20分より搬送。12時30分倉敷市真備総合公園に到着

2.送付数

土嚢袋 20,000枚(市内の各消防署や各建設事務所から集積)

3.運搬事業者

赤帽兵庫県軽自動車運送協同組合(災害協定に基づく)

4.送付先

岡山県倉敷市

土嚢袋の送付

土嚢袋の送付