神戸市-KOBE-


学校給食費の徴収誤りについて

記者資料提供(平成30年7月13日)
教育委員会事務局
学校教育部健康教育課

学校給食費の徴収誤りについて

1.概要

市内小学校2校において、事情により学校給食を長期間食べていない児童について、学校徴収金システムの入力漏れや制度・事実の誤認により、学校給食費を誤って徴収していた事案が判明しました。

2.誤って学校給食費を徴収した事案(2校計2件)

事案(1)
平成27年4月から平成30年6月にかけ、給食費計146,953円を誤って徴収。(対象児童1名)
事案(2)
平成28年4月から平成30年3月にかけ、給食費計89,466円を誤って徴収。(対象児童1名)

3.対応等

既に各学校より当該児童の保護者へ説明及び謝罪を行っており、返金も完了しています。

4.調査・再発防止策等

(1)市立全小学校・義務教育学校(前期課程)・特別支援学校に対し、記録が確認できる過去5年間(平成26年度〜30年度)で同様の事案がないかの調査を行います。
(2)上記の調査にあわせて、給食費の取扱いについて、学校への注意喚起と全教職員への周知徹底を指示しました。
(3)また、各校で事務処理が集中する年度末・年度当初に改めて注意喚起の通知を行います。