神戸市-KOBE-


異物混入の情報提供について

記者資料提供(平成30年7月11日)
教育委員会事務局
学校教育部健康教育課

異物混入の情報提供について

市立摩耶小学校の給食で異物混入が発生しましたので、情報公開ガイドラインに基づきお知らせします。

1.概要

(1)発生場所
 市立摩耶小学校(灘区畑原通4-2-1)
(2)発生日時
 7月3日(火曜)12時50分
(3)異物の概要
  細長い金属(ステンレス 約0.1センチメートル×1.1センチメートル)
(4)発見状況
 2年生の児童が給食「夏野菜のカレー」を喫食中、口の中に入れたものに異物があるのに気づき、担任に届けた。児童は怪我はし てい ない。また、他の児童にも健康被害の報告はない。
(5)混入の原因
 食材の製造過程、給食の調理過程、教室の状況を調査したが、原因となるものは特定できなかった。

2.異物混入を受けての学校の対応

(1)当該児童の状況を担任が確認するとともに、当該児童の保護者に対し謝罪し、異物混入の事実について説明した。
(2)異物混入の概要について、文書で当該校の全保護者に通知した。
(3)同日を含めこの間、給食室および教室について原因の調査・確認を行った。

3.教育委員会の対応状況並びに対応措置

(1)教育委員会では、今後の異物混入防止に向けて、同校に対して食材の検収や機器の点検、作業の手順の確認と徹底、教室の環境整備を指示し、(公財)スポーツ教育協会を通じて、食材納入業者に製造工程と作業手順の確認と徹底を指示した。
(2)異物混入に関して保健所に連絡した。
(3)今後は、再発防止に努め、安全安心な給食を提供するように努める。

4.当日の献立

・ごはん
・牛乳
・夏野菜のカレー(豚肉、かぼちゃ、にんじん、ピーマン、たまねぎ、なす)
・蒸し野菜(ブロッコリー)