神戸市-KOBE-


小磯記念美術館マンスリーコンサートの開催

小磯外観

記者資料提供(平成30年7月5日)
教育委員会事務局
小磯記念美術館

小磯記念美術館マンスリーコンサートの開催

―絵と音の共演―

1.マンスリーコンサートの概要

インッデクス
 美術・音楽の双方の視点から展示中の小磯良平作品の紹介をコンサート&トークショー形式で行うことにより、作品により親近感をもってもらうことを目的に、毎月1回開催しています。

2.内容

(1)構成
 コンサート毎に小磯良平作品1点を選び、当館学芸員による作品解説や歴史的背景、小磯良平にまつわる話と、音楽プロデューサー(南出卓氏)による音楽的視点から見た作品への印象や関連性をトークショー形式で行い、コンサートの曲目に結びつけていきます。
 曲目は、クラシック音楽を中心に、クラシックを普段聴かない人にとってもポピュラーな楽曲から、熱心なクラシックファンにも楽しめる楽曲を組み込んだプログラム構成としています。
(2)開催時期
 毎月1回、第3日曜日、午後2時から1時間程度
(3)出演者
 フルート、ソプラノ&ピアノ

3.7月の開催内容

300715演奏者開催日 平成30年7月15日(日曜)
      午後2時から
出演者 
Epicus Flute Duo & Ensembleより
鷲尾有香(Flute)
柏山恵菜(Soprano)
藤本さえ子(Piano)

4.今月の小磯良平作品

300715絵小磯良平《鳥》1963-64年 エッチング・紙 40.0×48.8cm

 本作はエッチングという技法で制作された銅版画。1958年、当時東京藝術大学の教授であった小磯は、学部長の伊藤廉とともに版画教室を設けており、自身でも制作を試みている。生き生きとした描写でひな鳥をとらえた本作からは、鉄筆で銅の板を引っかき、腐食させることで生まれる独特の線描を、小磯が楽しんでいたことがうかがえる。

5.アクセス及び入館料

マップ◆美術館へは六甲ライナーが便利です。
◆ロビーコンサートは無料ですが美術館への入館料が必要です。
◆入館料
          一般     800円
          大学生    400円       
          高校生以下 無料
◆六甲ライナーセット券(大人券のみ900円):入館料と六甲ライナーの往復乗車券がセット。(六甲ライナー住吉駅、アズナスエクスプレス魚崎店(阪神電車魚崎駅構内)で特別展開催期間中販売)
◇開催中の展覧会
特別展 浜口陽三と南桂子展
同時開催 小磯良平作品選2 油彩
平成30年7月14日(土曜)から平成30年9月2日(日曜)開催 
休館日 月曜日(ただし、7月16日は開館、翌17日休館)