神戸市-KOBE-


神戸ファッション美術館特別展 「魔法の美術館−光と遊ぶ超体感型ミュージアム」を開催

神戸ファッション美術館ロゴ

記者資料提供(平成30年7月3日)
神戸ファッション美術館
 (指定管理者:神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体)

神戸ファッション美術館特別展 「魔法の美術館−光と遊ぶ超体感型ミュージアム」を開催

 神戸ファッション美術館では、夏休み期間に合わせて、特別展「魔法の美術館」を開催します。
 最新のデジタル技術を駆使し、光と影、映像、音を自在に操る気鋭のアーティストたちによる美術展。人間の動きに反応して多様に変化する作品をそろえることで、来場者自身が作品とかかわり、アートの世界へと導かれていきます。一見、何でもない通路を歩いていくと、動きに合わせてさまざまな色や光があふれ、混じりあい、消えていく。そこはまるで“魔法の世界”。普段の美術鑑賞とは異なる、「見て」「触って」「参加する」体感型の空間へと美術館が変身します。
 魔法の美術館は未来志向の展示として、子どもから大人まで幅広い世代から絶大な支持を得ています。今回、装いも新たに9組のアーティストによる21作品が神戸ファッション美術館にやってきます!
 会場内は撮影自由(フラッシュ撮影は不可)、SNSでの発信も可能となっています。夏のアート体験をお楽しみください。

坪倉輝明「七色小道」

■特別展の概要

(1)会場     神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2−9−1)
(2)会期     平成30年7月14日(土曜)から9月2日(日曜)
(3)開館時間  10時から18時(入館は17時30分まで)
(4)休館日   月曜日(ただし7月16日(月曜、祝日)は開館し、翌17日(火曜)が休館)
(5)主催     神戸ファッション美術館、神戸新聞社
(6)後援     サンテレビジョン、ラジオ関西
(7)企画協力  ステップ・イースト
(8)展示協力  大阪樟蔭女子大学
(9)入館料    一般1000円(800円)、大学生・65歳以上500円(400円)、高校生以下無料 カッコ内は30人以上の団体料金
  ※小学生以下は保護者(高校生以上)の同伴が必要です。
  ※神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は割引を受けられます。

■出品アーティスト

田中陽、坪倉輝明、藤本直明、小松宏誠、徳井太郎/清水雄大、藤元翔平、重田佑介+Zennyan、岡田憲一、宮本昌典/小岩原直志

■作品数

21作品

■関連イベント

ワークショップ「親子でピンホールシネマを作ろう」
 頭部に装着した箱の中に風景が映し出される不思議な「ピンホールシネマ」を作ります。
素材の段ボールなどを加工するため、カッター、はさみ、のりを各自ご持参ください。
(1)日時 平成30年8月5日(日曜)14時〜16時30分
(2)会場 4階第1セミナー室
(3)講師 岡田憲一+冷水久仁江(LENS)
(4)定員 親子15組(子どもは8歳以上、事前申し込み、先着順)
(5)参加費 500円
(6)申込方法  名前、年齢、住所、 連絡先を明記の上、メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か電話でお申し込みください。
          7月3日(火曜)受付開始

田中陽「.hito」

小松宏誠「Lifelog_シャンデリア」

※神戸ファッション美術館は、展示替えのため7月3日(火曜)から13日(金曜)まで休館しています。

■問い合わせ

神戸ファッション美術館(http://www.fashionmuseum.or.jp/)
所在地:〒658-0032神戸市東灘区向洋町中2-9-1
電話:078-858-0050/FAX:078-858-0058
Eメール:info@fashionmuseum.or.jp

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。