神戸市-KOBE-


空き家が地域の交流拠点に生まれ変わりました!

記者資料提供(平成30年7月2日)
住宅都市局計画部空家空地活用課
住宅都市局計画部まち再生推進課

空き家が地域の交流拠点に生まれ変わりました!

―神戸市空き家再生等推進事業の平成30年度募集と平成29年度補助物件−

 市内の空き家住宅は、約10万8千戸(全住宅の13.1%)あり、特に売却用でも賃貸用でもない「その他空き家」が約3万7千戸と推計されています。そのうち1/4(約2万8千戸)が、腐朽・破損がないにもかかわらず、賃貸や売却にも出されていない状況です。(データは総務省 平成25年住宅・土地統計調査)
 このような使える空き家の有効活用が課題となっているところですが、本市では、空き家の利活用を促進するため、空き家住宅及び空き建築物を地域の活性化に資する「神戸市空き家再生等推進事業」を実施し、地域活動や地域住民の交流拠点等の用途に活用する空き家の改修等を行う民間事業者等に対して、補助金を交付します。

1.平成30年度の募集について

◆補助対象◆

現在使用されておらず、空き家となっている建物を改修して、滞在体験施設、交流施設、体験学習施設、創作活動施設、文化施設などに利用するもの。

◆補助件数◆

1件

◆補助金額◆

改修工事にかかる費用の3分の2
※但し改修内容ごとに補助上限額を以下のとおりとします。
内外装等改修費用:1,333千円 耐震改修費用:1,000千円

◆応募期間◆

平成30年7月2日(月曜)から7月31日(火曜)の9時から17時まで(土曜・日曜・祝日および12時から13時を除く)

◆応募方法◆

申請書類を神戸市住宅都市局計画部空家空地活用課(神戸市役所2号館4階)まで持参してください。申請書類はホームページよりダウンロードしてください。

◆その他◆

・審査会において、事業の実効性や継続性について審査を行いますので、必ず採択されるものではありません。
・申請にかかる工事は、補助金交付決定通知があるまで、契約及び着手できませんので、ご注意ください。
・上記期間中に応募がない場合は、期間を延長する場合があります。(ホームページにてお知らせします)
・詳しい内容につきましては、別添資料及びホームページをご覧ください。

2.平成29年度補助事業について

◆申請及び採択数◆

申請 1件、採択 1件

◆内容◆

兵庫区湊川町において、多世代が集まる地域の居場所づくりとしての交流施設で、空き家改修や耐震補強のモデルルームも兼ねる地域施設として活用する空き家の改修及び耐震補強費について補助金を交付。

◆補助対象物件◆

兵庫区湊川町10丁目(戸建て)

◆物件写真◆

物件写真(改修前後)

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。