神戸市-KOBE-


成年後見制度の利用手続き相談室を全区に開設しました!

記者資料提供(平成30年7月2日)
神戸市保健福祉局総務部市民福祉推進課
神戸市社会福祉協議会こうべ安心サポートセンター

成年後見制度の利用手続き相談室を全区に開設しました!

 神戸市では、国が平成28年5月に施行した「成年後見制度の利用の促進に関する法律」に先んじて、平成24年9月より市民が身近な場所で制度の初期相談ができる「成年後見制度の利用手続き相談室」の開設を進めてきました。このたび、須磨区の開設をもって全区での開設となり、今後の制度周知がより進むことが期待されています。

1.成年後見制度の利用手続き相談室とは

(1)成年後見制度

 成年後見制度とは、認知症、知的・精神障がいなどで、判断能力が不十分なため、自身で契約や財産管理などの法律行為を行うことが難しい場合に、家庭裁判所が成年後見人等を選任し、本人を保護・支援する制度です。

(2)成年後見制度の利用手続き相談室

 神戸市では、身近な地域で成年後見制度について相談できる窓口として、平成24年度より順次、各区役所において利用手続き相談室を開設してきました。

(3)須磨区相談室の開設

 このたび、須磨区役所及び須磨区社会福祉協議会の協力を得て、平成30年7月10日(火曜)より須磨区相談室を開設することとなりました。
◆受付日時◆
 毎月第2火曜日 午後1時30分〜午後3時30分
 先着順、祝日休み
◆受付場所◆
 須磨区役所 3階 須磨区社会福祉協議会
 電話:078-731-4341

2.利用手続き相談室での相談員について

(1)相談員

 神戸市が実施する「市民後見人候補者養成研修」を修了した市民後見人候補者が相談に応じます。

(2)市民後見人とは

 神戸市では、後見人の新たな担い手として、市民がボランティアで後見活動を行う「市民後見人」の養成研修を実施しています。
 「市民後見人候補者名簿」に登録された養成研修修了者は、家庭裁判所の選任により市民後見人として後見活動に取り組んでいただくことになり、これまで69人(H30年7月1日時点)の市民後見人が誕生しました。

3.第6期市民後見人養成研修のご案内

 神戸市で養成した市民後見人候補者は、裁判所の選任を受けて後見活動を行っているほか、上記の相談室での相談員として、同じ市民に対して、成年後見制度の仕組みや利用手続きの流れなどの説明を行なっています。家庭裁判所の選任を受けるまでの間にも、市民後見人候補者として、その習得した知識をいかして地域に貢献していただいています。
 このたび、第6期市民後見人養成研修を実施するにあたり説明会を行います。社会貢献に意欲と熱意のある皆さま、ぜひご参加ください。
◆開催日時◆
 第1回:平成30年7月26日(木曜) 午後2時〜午後3時30分
 第2回:平成30年7月27日(金曜) 午後2時〜午後3時30分
◆開催場所◆
 こうべ市民福祉交流センター 2階 201教室
◆定員・申込締切◆
 定員:各回80名(先着順)   申込締切:平成30年7月20日(金曜)
◆備考◆
 養成研修の受講には、年齢制限等いくつかの要件があります。
 詳細は、神戸市成年後見支援センターまでお問い合わせください。
◆説明会参加申込・お問い合わせ先◆
 神戸市成年後見支援センター   電話:078-271-5321

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。