神戸市-KOBE-


令和元年度 水浴場開設前 海水浴場の水質調査結果

記者資料提供(令和元年6月14日)
環境局環境保全部環境保全指導課

令和元年度 水浴場開設前 海水浴場の水質調査結果

1.概要

 令和元年度の水浴場開設前の水質について、須磨海水浴場(以下、「須磨」という。)及びアジュール舞子海水浴場(以下、「アジュール舞子」という。)において調査を行いました。
 調査結果を環境省の水浴場水質判定基準により評価したところ、須磨は「適 水質AA」、アジュール舞子は「適 水質AA」と判定され、海水浴場として適当な水質でした。併せて、病原性大腸菌O-157の検査も実施しましたが、須磨、アジュール舞子ともに検出されませんでした。
 本年度は、ふん便性大腸菌数、およびCODが平年より低い傾向にありましたが、調査前の5月前半の降水量が平年よりかなり少なかったことが影響したと考えられます。

2.水浴場水質調査結果

(1)調査日令和元年5月7日、13日の2日間、1日につき2回(午前、午後)
(2)調査地点 須磨 3地点、アジュール舞子 1地点
(3)調査結果
    

海水浴場名称ふん便性大腸菌群数
(個/100mL)*
油膜の有無COD
(mg/L)
透明度総合判定
須磨不検出1.6全透
(1m以上)
適 水質AA
アジュール舞子不検出1.2全透
(1m以上)
適 水質AA
 
*不検出:検出下限 2個/100mL未満
 
 

3.調査地点図

須磨海水浴場(1)須磨海水浴場   ◎:調査地点

アジュール舞子海水浴場(2)アジュール舞子海水浴場  ◎:調査地点

4.参考資料等

(1)用語解説
・COD(化学的酸素要求量:chemical oxygen demand)
CODは、水中の汚濁物質(主として有機物)を化学的に酸化するために必要な酸素量をいう。海域及び湖沼における有機物などによる水質汚濁の指標として採用されており、水中に有機物等が多いほど、高い数値となる。
・ふん便性大腸菌群数
人畜のふん便に関する汚染の指標として用いられている。ふん便性大腸菌群数が多く検出されるほど、その水は人畜のふん便によって汚染されている可能性が高い。
・透明度
直径30cmの白色円板を水中に沈めて見えなくなる深さと、次にゆっくり引き上げて見え始める深さの平均を求めたもの。

(2)環境省の水浴場水質判定基準

区分ふん便性大腸菌群数
 (個/100mL)
油膜の有無COD
(mg/L)
透明度
水質AA不検出
(検出下限2個/100mL)
油膜が認められない2mg/L以下全透 
(1m以上)
水質A100個/100mL以下油膜が認められない2mg/L以下全透 
(1m以上)
水質B400個/100mL以下常時は
油膜が認められない
5mg/L以下1m未満
〜50cm以上
水質C1,000個/100mL以下常時は
油膜が認められない
8mg/L以下1m未満
〜50cm以上
不適1,000個/100mLを
超えるもの
常時油膜が認められる8mg/L超50cm未満
 

(3)水質の経年変化
   ・須磨海水浴場(水浴場開設前)

年度ふん便性大腸菌群数
(個/100mL)
油膜の
有無
COD
(mg/L)
透明度総合判定
平成19年度62.4全透
(1m以上)
可  水質B
平成20年度不検出2.2全透
(1m以上)
可  水質B
平成21年度不検出2.1全透
(1m以上)
可  水質B
平成22年度22.1全透
(1m以上)
可  水質B
平成23年度不検出4.3全透
(1m以上)
可  水質B
平成24年度22.5全透
(1m以上)
可  水質B
平成25年度不検出3.2全透
(1m以上)
可  水質B
平成26年度93.6全透
(1m以上)
可  水質B
平成27年度52.0全透
(1m以上)
適  水質A
平成28年度732.0全透
(1m以上)
適  水質A
平成29年度不検出2.2全透
(1m以上)
可  水質B
平成30年度34.6全透
(1m以上)
可  水質B
 

   ・アジュール舞子海水浴場(水浴場開設前)

年度ふん便性大腸菌群数
(個/100mL)
油膜の
有無
COD
(mg/L)
透明度総合判定
平成19年度不検出1.0全透
(1m以上)
適  水質AA
平成20年度不検出1.3全透
(1m以上)
適  水質AA
平成21年度不検出1.2全透
(1m以上)
適  水質AA
平成22年度不検出1.6全透
(1m以上)
適  水質AA
平成23年度41.8全透
(1m以上)
適  水質A
平成24年度41.6全透
(1m以上)
適  水質A
平成25年度不検出2.0全透
(1m以上)
適  水質AA
平成26年度不検出2.0全透
(1m以上)
適  水質AA
平成27年度不検出1.9全透
(1m以上)
適  水質AA
平成28年度91.4全透
(1m以上)
適  水質A
平成29年度不検出1.8全透
(1m以上)
適  水質AA
平成30年度42.5全透
(1m以上)
可  水質B