神戸市-KOBE-


後継者がいない「中小企業」と「起業家等」とのマッチングを始めます!

記者資料提供(平成30年6月28日)
公益財団法人神戸市産業振興財団 創業・新事業支援部

後継者がいない「中小企業」と「起業家等」とのマッチングを始めます!

〜100年にわたって経営される企業の育成・支援を目指して〜

国の調査によると、今後10年間で中小企業経営者の約245万人は70歳を超え、うち約半数の127万人が後継者未定とされています。
現状を放置すると中小企業の廃業が急増し、2025年頃までの10年間累計で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性が懸念されています。

そこで本市では、今年度より、地域に根付いた価値ある会社や事業を次世代に引継ぐ「100年経営支援事業」として、事業継承に精通した専門分野の異なる5人の専門家チームを結成し、事業承継に課題のある中小企業への訪問支援を行う全国初の取り組みを始めました。
さらに、事業の一環として、政令市初となる、後継者不在の企業と起業家等とのマッチングを7月より開始する運びとなりました。
神戸の重要な資産である中小企業の事業継続と発展を支援し、市内経済の活性化を図っていきます。

1.「100年経営支援事業」について

中小企業の事業承継の円滑化を図るため、企業の抱える課題に応じた専門家が訪問し、専門家チーム内で情報共有のうえ、さまざまな角度から事業承継を支援するチームコンサルティングを行います。
会社・事業の売買や親族・社員等への承継が必要であれば具体的な方向性の提案および支援機関への橋渡しを行い、後継者が不在である場合には起業家等とのマッチングによる事業承継を促進し、100年にわたって経営される企業の育成・支援を目指します。

2.マッチングの流れ

(1) 起業家等(後継者候補)が登録申込書を提出(7月2日(月曜)より受付開始)
(2) 専門家が起業家等より希望業種や引継条件等をヒヤリングし、後継者候補データベースに登録
(3)後継者等を求める企業と起業家等の条件を見合わせながら、専門家による両者の出会いのサポート<マッチング>

3.起業家向けセミナーの開催

起業家等に対して事業承継の理解を深め、取り組みを推進するため、起業家向けのセミナーを開催します。数多くの事業承継を支援してきた事業承継デザイナーがマッチング事例や成果等について紹介予定です。
日時:平成30年8月3日(金曜)18時30分〜20時30分
場所:神戸市産業振興センター902・903会議室
講師:奥村 聡氏(事業承継デザイナー・司法書士)
対象:起業を具体的に考えている方、事業承継に不安を抱えている中小企業
参加費:無料
定員:先着40名

「起業家等(後継者候補)の登録」および「セミナー参加」の申込先

新事業創造課 西嵜・川崎(電話:078-360-3220)
メールアドレス:shokei@kobe-ipc.or.jp
※申込み方法等詳細については神戸市産業振興財団ホームページをご覧ください。

<参考>専門家チームメンバー

・奥村 聡氏(事業承継デザイナー・司法書士)
 事業の残し方と継がせ方を熟知、分社手法等を駆使した作戦立案

・塔筋 幸造氏(中小企業診断士、MBA経営管理修士)
 事業承継を見据えた組織改革、後継者不在企業の方向付けの支援

・福岡 裕次氏(税理士)
 M&A、世代交代で分散化した株式の集約や譲渡、組織再編の税務、株式の贈与等

・上原 隆志氏(弁護士・弁理士)
 金融機関との交渉、過剰債務の整理、株式買取り交渉等

・上辻 靖夫氏(行政書士、知的財産管理技能士)
 後継者不在の事業・株式譲渡契約実務や知的資産の見える化・磨き上げ

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。