神戸市-KOBE-


コンクリートブロック塀等の緊急安全点検と対策の実施

記者資料提供(平成30年6月28日)
危機管理室
住宅都市局建築指導部安全対策課・耐震推進課
建築技術部保全課
教育委員会事務局総務部学校環境整備課

コンクリートブロック塀等の緊急安全点検と対策の実施

〜市有建築物・市立学校園・個人住宅等〜

 大阪府北部を震源とする地震の被害(事故)を受け、神戸市で実施した緊急安全点検の状況および対応について報告します。
 また、市民のみなさまの安全を確保するため、コンクリートブロック塀等の撤去・安全対策について、補正予算の編成も検討し、全庁一丸となって迅速に取り組みます。

1.市有建築物の点検状況・結果

注意喚起 調査中 地震発生後、速やかに「安全点検表(参考資料 公益社団法人日本エクステリア建設業協会 作成)」を用いて、市有建築物および市立学校園を対象に、コンクリートブロック塀等の緊急安全点検を実施しました。
 点検表で「○」又は「△」の数が一定数以上(参考資料参照)のものを「要調査」とし、そのうち、現時点で現行の建築基準法に適合していないと確認できたものは注意喚起の表示を掲示するとともに、撤去等の対策に着手しています。
 その他は詳細調査のうえ撤去等の対策を講じる予定です。

注意喚起 撤去予定

(1)市有建築物(点検者:各施設管理者)

点検内容市有建築物に付設するコンクリートブロック塀
点検対象2,207施設(区役所、保育所、児童館など、ただし学校園除く)
点検期間6月19日(火曜)〜6月26日(火曜)
点検結果調査済数:1,903施設(うち市営住宅281施設)、調査中304施設
点検結果ブロック塀あり286施設 (うち市営住宅85施設)
点検結果うち要詳細調査223施設(うち市営住宅36施設)
点検結果うち、現時点で現行の建築基準法に適合していないと確認できたもの
・高さが超える、控え壁が不足 12施設

(2)市立学校園(点検者:各学校園)

点検内容学校園に付設するコンクリートブロック塀等
点検対象298校園(幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、特別支援学校、高等専門学校)
点検期間6月19日(火曜)〜6月20日(水曜)
点検結果ブロック塀あり(72校園)
点検結果うち要詳細調査(68校園)
点検結果うち、現時点で現行の建築基準法に適合していないと確認できたもの
・高さが超える、控え壁が不足 19校園

2.個人住宅等への啓発・相談対応状況

 所有者や管理者の方に「コンクリートブロック塀の安全性点検」を呼びかけ、自ら対策を進めていただくよう啓発しています。
 また、神戸市のすまいの総合窓口「すまいるネット」では、所有者の方からの相談を受け付けています。

相談対応実績105件 (6月18日(月曜)〜6月27日(水曜))
主な相談内容
(重複あり)
「安全性の確認方法等について」 78件
「補助について」        15件
「工事施工について」      18件

<お問い合わせ先>

「すまいるネット」(神戸市中央区雲井通5−3−1サンパル4階)
電話番号:078−222−0005(水曜日定休)

3.今後の対応

(1)補正予算の編成を視野に入れた補助実施

 通学路に限らず、道路や公園などに面した民間所有の危険なブロック塀の撤去などのため、9月議会において補正予算案を提案し、撤去等に関する補助実施を早急に目指します。
 また、撤去などに関する補助に加え、生垣化やオープンガーデンを作る際の助成も検討し、ブロック塀からの転換を促進させます。

(2)その他の対策について

 個人住宅等の所有者・管理者の方へは、自主的な対策を講じていただくよう引き続き、意識啓発・注意喚起を行います。
 なお、保安上危険な状態が見受けられる場合には、適切な対応が行われるまでの間、「注意喚起」や「応急的な安全対策」をとるようあわせて啓発していきます。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。