神戸市-KOBE-


都賀川にて「河川の安全見守り活動検証訓練」を実施します

記者資料提供(平成30年6月12日)
神戸市灘消防署 消防防災課

都賀川にて「河川の安全見守り活動検証訓練」を実施します

―地域住民による河川の見守りと、園児の避難訓練と防災学習―

1 訓練概要

 平成20年7月28日に発生した都賀川増水事故の教訓から、灘区では防災福祉コミュニティ等の地域住民が主体となり、「河川安全安心見守りパトロール」を実施しています。
 日頃の活動で培った関係を活かし、いかに迅速かつ安全に避難が行えるかを、各関係機関と合同で検証をします。

2 実施日時

サインボードを活用して避難を呼びかけている写真平成30年6月14日(木曜)13時〜14時20分
※荒天時は訓練中止とし、中止の決定は灘消防署が11時に行います。

3 場所

(1) 都賀川及び高羽川の親水施設周辺(活動訓練等)
(2) 河原自治会館(意見交換会)

4 訓練参加機関

(1) 地域団体等(約220名)
   防災福祉コミュニティ、都賀川を守ろう会、流域の防災協力事業所、ホザナ幼稚園、灘区連合婦人会、市民安全推進委員、灘区自立支援協議会きらく共生部会
(2) 関係機関(約60名)
   灘消防署、灘区役所、灘消防団、灘警察署、兵庫県神戸県民センター神戸土木事務所、株式会社ラジオ関西

5 訓練内容

(1) 情報伝達・参集訓練(12時30分)
   電話連絡及び「ひょうご防災ネット」お知らせメールの配信を訓練開始の合図と し、各地区の連絡網による情報伝達を行い、訓練場所まで参集する訓練を行います。
(2) 活動訓練(13時 灘区神ノ木通4-3新都賀川橋南側)
  参集したメンバーにより、都賀川で遊んでいる幼稚園児に対し、ピクトグラムというサインボードや手話を活用して避難を呼びかける訓練を実施します。
(3) 防災学習(13時25分 灘消防署)
  灘区連合婦人会が、幼稚園児に紙芝居による防災学習を行います。
(4) 意見交換会(13時50分 灘区上河原通4-1-1河原自治会館)
  活動上の問題点や今後の活動について、参加者、関係機関が意見交換を行います。