神戸市-KOBE-


900世帯分の電力を供給します

記者資料提供(平成30年6月1日)
建設局下水道部施設課

900世帯分の電力を供給します

〜玉津処理場において消化ガス発電事業開始〜

1.概要

 神戸市では、資源を有効活用し地球温暖化防止に貢献するため、下水処理の過程で発生する消化ガスを高度精製した「こうべバイオガス」を、再生可能エネルギーとして活用する取組みを進めており、東灘処理場、垂水処理場、西部処理場でその有効活用に取り組んできました。新たに、玉津処理場(西区森友)において、平成30年5月1日から民間活力を導入した発電事業を始めました。
 この事業では、事業者は固定価格買取制度(FIT制度)の適用を受け、「こうべバイオガス」を燃料とするガス発電設備の建設と、20年間の発電事業の運営・維持管理を行います。市は「こうべバイオガス」の売却収入を得るとともに、発電により発生する廃熱の提供を受け、これを消化槽の加温熱源として利用します。
 これにより、汚泥処理を行っている市内の全処理場で、「こうべバイオガス」の有効活用を行うこととなりました。

2.事業内容

発電規模450kW(25kW/台×18台)
発電電力量約3,100千kWh/年 一般家庭約900世帯分
(1世帯あたり3,600kWh/年と想定)
「こうべバイオガス」売却収入
(土地使用料等含む)
約8.6億円(20年間)
発電事業者外GCTS・叶_鋼環境ソリューション企業グループ
発電事業期間平成30年5月1日〜平成50年4月30日

玉津処理場(西区森友)
玉津処理場(西区森友)

発電設備
発電設備

消化ガス発電事業イメージ

3.その他の「こうべバイオガス」利活用

その他の「こうべバイオガス」利活用