神戸市-KOBE-


こうべイクメンの日2018開催

こうべイクメンロゴ

記者資料提供(平成30年5月30日)
市民参画推進局
参画推進部男女活躍勤労課 
こうべイクメン実行委員会

こうべイクメンの日2018開催

〜体験型ワークショップを通じて地域とつながるきっかけづくり〜

昨年の写真
こうべイクメン実行委員会は2010年より「育児にかかわるすべての男性=こうべイクメン」を合言葉に男性の育児参加と地域ぐるみでこどもにかかわることを推進してきました。2011年からは、男性にとっての男女共同参画の推進のための取り組みとして、市民参画推進局男女共同参画課(現 男女活躍勤労課)と共催でイベントを開催しています。
2013年から開催しているこうべイクメンの日では、のべ6,000人を超える市民が参加し、地域でこどもにかかわるきっかけづくりを行なってきました。また、取り組みを続けていく中で、委員会メンバーもPTA会長や消防団、認知症サポーター、行政のアドバイザーなど様々な地域活動で活躍し、自らこうべイクメンを実践し、自分自身が関わることで、コミュニティ活動の重要性や課題を再認識しているところです。

プロジェクト始動から9年目を迎える2018年は、“体験型”のワークショップをスタンプラリー形式で参加してもらい、こどもたちはもちろん、保護者の方にも地域参加のきっかけづくりを提供したいと考えています。また、神戸市男女活躍勤労課とこうべイクメン実行委員会のコラボレーション企画として、男女共同参画について親子で考える「こうべ男女いきいきカルタづくり(仮称)」ワークショップを実施します。できあがったカルタは10月のこうべ男女共同参画推進月間でも発表し、市民が家庭や職場に加えて地域でも活躍できるヒントを広報する予定です。

タイトル

こうべイクメンの日2018”つなぐ・つなげる・つながる”

目的

地域で子育てに関わる全てのひとを『こうべイクメン』と定義する。実施される催事を通じて、地域や家族とのつながり子育ての観点から男性のみならず、広く市民に体験し考えていただく機会とする。

実施日時

2018年6月17日(日曜)10時〜16時30分(予定)

実施場所

神戸ハーバーランドumie
サウスモール1階1F中央特設会場、センターストリート1階中央特設会場

内容

体験型ワークショップスタンプラリー(むかしあそび、知育アプリの体験、防災わなげゲーム、プログラミング体験、こうべ男女いきいきカルタづくり(仮称))、プロカメラマンによる家族写真撮影会、消防車展示・消防団広報、救命救急体験、チキンガーリックステーキ、ブルームワークスライブなど

主催

こうべイクメン実行委員会

共催

神戸市

後援

Kiss FM KOBE、神戸新聞社、ラジオ関西(予定)

協力

「5日で5000枚の約束」プロジェクト実行委員会、神戸ハーバーランドumie、中央消防署、中央消防団、デザイン・クリエイティブ神戸、kiiro project、チキンガーリックステーキ、中野耕史、ブルームワークス、株式会社前田畳製作所、株式会社ワオ・コーポレーション、株式会社S&F PARTNERS、U35いざというときのため部、NPO法人日本国際救急救助技術支援会(略称:JPR)、Ohana、Photographer石丸孝二、スイミープロジェクト実行委員会、株式会社アルファミクス、株式会社ウッディーズ、株式会社シンエンタープライズ、株式会社チャイルドハート、パールリレーション、株式会社毛利マークほか

参加費

無料

【特別企画】

昨年に続き、Kiss FM KOBE 4SEASONS番組内でこうべイクメン特集を予定(6月6日、6月13日、6月20日の放送を予定)

こうべイクメンとは

【育児にかかわるすべての男性=こうべイクメン】
お父さんだけに限らず、おじいちゃん、近所の八百屋さんなど、あらゆる男性 を指します。
子育ては、地域社会で行うもの という考えです。

【こうべイクメンがあたり前の社会へ】
じぶんごととして、子育てに取り組むことで、
家庭や地域とかかわり、お互いの価値観を見せ合い、認め合える社会
それが、『こうべイクメンがあたり前の社会』です。

お問合わせ

神戸市イベント案内・申込センター 
TEL:078-333-3372