神戸市-KOBE-


第15回こうべ食育フェアにてフードドライブを実施します

記者資料提供(平成30年5月21日)
環境局
環境政策部資源循環政策課

〜フードドライブに参加して食品ロスを削減しよう!〜

第15回こうべ食育フェアにてフードドライブを実施します

神戸市では、資源を有効利用し、ごみができるだけ発生しないくらしと社会(循環型社会)の実現、ひいては二酸化炭素の排出が少ないくらしと社会(低炭素社会)を目指して、ごみ排出量10%削減を目標に掲げており、その一環として平成28年度より食品ロス削減の取組を進めています。
家庭の台所ごみの約2割を占める「食品ロス」(手つかず食品・食べ残し)の削減に向け、小売事業者と連携したフードドライブを平成29年度にモデル実施したところ、食品ロス削減の効果が認められるとともに、取組の継続を希望する多くの声をいただきました。
この度、第15回こうべ食育フェアにて初めてフードドライブを実施いたします。この機会に、ご家庭の在庫食品の賞味期限を確認いただき、消費する予定が無い食品で、まだ食べられる物がありましたらご提供をお願いいたします。

1.実施日・場所
(1)実施日時:平成30年6月23日(土曜)11時〜15時
(2)実施会場:デュオこうべ 採光ドーム(中央区東川崎町1−2−3)

2.回収品目・回収方法
(1)回収品目:1〜5を全て充たすもの(例:缶詰・レトルト食品・インスタント食品・乾麺・米等)
   1.未開封のもの
   2.賞味期限まで1ヶ月以上あるもの
   3.常温保存のもの(冷蔵・冷凍食品以外)
   4.製造者または販売者が表示されているもの 
   5.成分またはアレルギー表示のあるもの
(2)回収方法:ブースに設置した回収ボックスに、持ち寄った食品を入れていただく。

3.その他
・今回のフードドライブでは、家庭からお持ちいただいた食品は、フードバンク関西を通じて、食支援を必要としている人へ届けます。
・実施ブースでは、併せて食品ロスダイアリーや生鮮野菜の長持ち保存方法など食品ロス削減に役立つ情報提供や啓発も行います。

「フードドライブとは」
家庭で余っている食品を地域のイベントや学校、職場などに持ち寄り、それを必要としている福祉団体・施設等に寄付する活動のこと