神戸市-KOBE-


「神戸市民泊相談窓口」(コールセンター)を新設します

記者資料提供(平成30年5月21日)
保健福祉局健康部生活衛生課

「神戸市民泊相談窓口」(コールセンター)を新設します

 訪日外国人旅行者が増加する中,拡大しつつある民泊サービスについて,その健全な普及を図るため,事業を実施する場合の一定のルールを定めた「住宅宿泊事業法」が平成30年6月15日に施行されます。神戸市では観光振興だけでなく,市民の生活環境に十分配慮しながら,この制度を利用する事業者に適切な事業活動を求めるため,同法第18条に基づき区域を定めて事業を実施する期間を制限するほか,一定の規定を設けた「神戸市住宅宿泊事業の実施の制限等に関する条例」を制定し,法律と同時に施行します。
 このたび,神戸市では「神戸市民泊相談窓口」(コールセンター)を新設し,市内における民泊に関する相談・問い合わせを電話・電子メールで受け付けます。

1 電話番号及びメールアドレス

 電話 : 078-322-6576
 メール : minpakusoudan@office.city.kobe.lg.jp

2 開設予定日

 平成30年5月22日(火曜)

3 受付日及び時間

 月曜〜金曜 9時〜12時 13時〜17時
  (土曜・日曜・祝日はメールのみ受付け、次の開庁日以降対応)

4 問合せ受付内容

  神戸市内における民泊について

(1) 6月14日(木曜)までは、住宅宿泊事業に関する制度の内容や届出方法など

(2) 6月15日(金曜)(住宅宿泊事業法施行日)以降は、上記(1)に加えて、住宅宿泊事業に関する苦情相談を含めて受付範囲を拡大。
 内容に応じて関係部局と連携し、対応を図ります。