神戸市-KOBE-


”須磨海浜水族園"スマスイサイエンスカフェ第47弾「アメリカザリガニ‐愛らしいけれど憎らしい田んぼの生きもの‐」の参加者を募集します!

 

記者資料提供(平成30年5月14日)
神戸市立須磨海浜水族園

”須磨海浜水族園"スマスイサイエンスカフェ第47弾「アメリカザリガニ‐愛らしいけれど憎らしい田んぼの生きもの‐」の参加者を募集します!

ザリガニサイエンスカフェ 須磨海浜水族園では、スマスイサイエンスカフェ第47弾「アメリカザリガニー愛らしいけれど憎らしい田んぼの生きもの−」を開催いたします。
 みなさんは、「ざりがに」と言われると、どのような生きものを思い浮かべますか?
きっと、多くの方は体が赤いザリガニ(アメリカザリガニ)をイメージされるのではないでしょうか。このアメリカザリガニ、その名のとおり元々日本では見られなかった北米産の外来種です。水辺で遊ぶ子供たちにとってはヒーロー的な生きものですが、実はこのアメリカザリガニ、在来生態系に様々な悪影響を及ぼすことがわかってきました。その結果,環境省と農林水産省が2015 年に公表した「生態系被害防止外来種リスト」では,アメリカザリガニは「緊急対策外来種」に選定されました。
 今回のサイエンスカフェでは、学生時代からザリガニ類の研究を行ってこられた岡山大学大学院の中田和義准教授をお迎えし、ザリガニ類の生物学や,アメリカザリガニが引き起こしている問題、駆除対策手法などを紹介していただき、会場の皆様と一緒に「アメリカザリガニとの新しいつき合い方」について考えていきたいと思います。

サイエンスカフェ第47弾「アメリカザリガニ−愛らしいけれど憎らしい田んぼの生きもの−」

 ・開催日時:平成30年6月16日(土曜) 18時〜20時 (17時30分受付)
 ・開催場所:当園 本館1階大水槽前 エントランスホール
 ・参加費:1,000円(3歳以下無料)
 ・申込み方法:参加カフェの名称、参加者全員の氏名、年齢、代表者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスを明記の上、ファックスまたはメールにて「アメリカザリガニSC」係までお申し込みください。
 Fax:078-733-6333
 E-mail:info@sumasui.jp

 ※定員になり、ご参加いただけない場合のみ、水族園よりご連絡差し上げます。

【講演者】

講演者 中田准教授 中田和義(なかた かずよし)

 岡山大学大学院環境生命科学研究科 准教授
 北海道に生まれ,北の大地で生き物好きな少年時代を過ごす。学生時代は「絶滅危惧種ニホンザリガニの保全に関する研究」に取り組み,2005 年に北海道大学大学院水産科学研究科博士後期課程を修了し,博士(水産科学)の学位を取得。その後,独立行政法人土木研究所水環境研究グループ専門研究員等を経て,2011 年より現職。現在の研究室では,淡水魚やカエル類等も研究対象とし,国内希少野生動植物種に指定されているスイゲンゼニタナゴの保全生態学的研究も進めている。
 専門分野:保全生態学,応用生態工学,農村生態工学
 主な著書:「エビ・カニ・ザリガニ:淡水甲殻類の保全と生物学」(編著:生物研究社,2011年),「ザリガニの生物学」(共著:北海道大学出版会,2010年)
 受賞:日本水産学会水産学奨励賞(2007年)

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。