神戸市-KOBE-


‘須磨離宮公園’オリジナルローズ「茜離宮」開花中

記者資料提供(平成30年5月11日)
市立須磨離宮公園 指定管理者 神戸市公園緑化協会・神戸市造園協力会グループ 

‘須磨離宮公園’オリジナルローズ「茜離宮」開花中

5月11日(金曜)から「春のローズフェスティバル2018」を開催している須磨離宮公園では、オリジナルローズ「茜離宮(あかねりきゅう)」が開花中です。

オリジナルローズ「茜離宮」は昨年開園50周年を記念して、園芸コンサルタントの藤岡友宏氏より、寄贈された新種のバラで、須磨離宮公園のオリジナルローズとして育成中です。
●特徴
・四季咲きのモダンローズ
・ハイブリッドティー(HT)系
・濃い燃えるような朱オレンジ色 

ローズフェスティバル また、大阪湾をのぞむ眺望と雄大な噴水が調和された欧風噴水庭園にある、「王侯貴族のバラ園」では、皇室や王室、芸術家の名前などが付けられた約180種4000株のバラが見頃を迎えています。
 春ならではの色鮮やかな花色と気品あふれる甘い香りに包まれた華やかなバラ園で、優雅なひと時をお過ごしください。
 なお、「春のローズフェスティバル2018」は5月30日(水曜)まで開催しております。

「王侯貴族のバラ園」における代表的なバラ

●日本の皇族名を冠した品種
   プリンセス・ミチコ、マサコ、プリンセス・アイコ
●外国の王侯貴族名を冠した品種
   ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ、クイーン・エリザベス、
   クレオパトラ、シーザー、シャポー・ドゥ・ナポレオン、ジャンヌ・ダルクなど
●芸術家の名を冠した品種
   ピカソ、チャイコフスキー、マリア・カラス、スヴニール・ドゥ・アンネ・フランクなど
●ガーランド仕立てのツルバラ
   ツルバラは春にしか咲かないものが多く、春はバラの屏風のようになります。
   高さ4メートルの柱3本を縦軸にし、全幅約20メートルにわたってツルバラを添わせて仕立てています。 

◆お問い合わせ先

ローズフェスティバル2〒654-0018 神戸市須磨区東須磨1−1  
市立須磨離宮公園  TEL:078-732-6688 FAX:078-734-6022

◆開園時間・休園日・入園料等

ローズフェスティバル3開園時間:9時〜17時  入園は閉園30分前まで ※但し、5月19日(土曜)は20時まで開園
休園日:木曜(祝日の場合は翌日)※但し、5月24日(木曜)は臨時開園
入園料:15歳以上(中学生を除く)400円 小・中学生200円
駐車料金(1回):バス2,000円 乗用車500円 二輪車100円