神戸市-KOBE-


「障害者野球の甲子園」第26回全国身体障害者野球大会の開催

記者資料提供(平成30年5月8日)
保健福祉局障害福祉部障害福祉課
(社福)神戸市社会福祉協議会障害者スポーツ振興センター 

「障害者野球の甲子園」第26回全国身体障害者野球大会の開催

神戸に全国の強豪が集結!

 今年も、障害者野球の甲子園「第26回全国身体障害者野球大会」が開催されます。
 初夏の神戸を舞台に、全国から選抜された強豪16チーム、約360名の選手達が、優勝旗をかけて全力でぶつかります。
 選手のみなさんが懸命にプレイする姿が多くの人に感動を呼び、障害に対する理解が広がっていくことを願っています。
 当日は入場無料で、どなたでも観戦できます。地元神戸からは前回優勝で連覇を狙う神戸コスモスが出場します。ぜひ応援にきてください!

大会概要

1:日時
 平成30年5月12日(土曜)、13日(日曜)
 ※開会式は12日(土曜)午前9時から、ほっともっとフィールド神戸で
 ※試合開始は10時から
2:会場
 ほっともっとフィールド神戸、G7スタジアム神戸ほか
3:出場
 16チーム(約360名)
4:試合方式
 トーナメント方式
5:組合せおよび試合時間
 資料の通り

障害者も共に楽しめるルールで

 基本的には通常の軟式野球ルールを適用しますが、障害を考慮し、さまざまな特別ルールが設けられています。(以下、一部抜粋)
 【打者代走】下肢障がい者で走塁が困難と認められる選手の打席には、打者代走が認められます。
 【走塁】盗塁はできません。ただし、タッチアップは可能。
 【バント】原則としてできません
 【試合時間】1試合100分

主催

(特非)日本身体障害者野球連盟
神戸市
(社福)神戸市社会福祉協議会

主管

神戸軟式野球協会

後援(予定)

スポーツ庁、兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会
(公財)日本障害者スポーツ協会、(公財)兵庫県障害者スポーツ協会
(公財)神戸市スポーツ教育協会、(公財)兵庫県体育協会
兵庫県軟式野球連盟、(社福)神戸市身体障害者団体連合会
(公財)神戸新聞厚生事業団、(公財)神戸市公園緑化協会
(公財)こうべ市民福祉振興協会

協力

神戸市消防音楽隊、神戸市立長坂中学校、神戸市立多聞東中学校
神戸市立若葉学園、神戸親和女子大学、神戸市障害者スポーツリーダー

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。