神戸市-KOBE-


平成30年度 第1回「事故救済制度に関する専門部会」の開催

記者資料提供(平成30年5月8日)
保健福祉局高齢福祉部介護保険課

平成30年度 第1回「事故救済制度に関する専門部会」の開催

1.概要

 本市では、昨年度設置した「認知症の人にやさしいまちづくりに関する有識者会議」において、認知症施策について幅広く議論し、神戸市認知症の人にやさしいまちづくり条例案をとりまとめ、平成30年4月1日より条例を施行したところです。
 今年度は、条例に基づく附属機関「神戸市認知症の人にやさしいまちづくり推進委員会」として、前述の有識者会議を引き継ぐかたちで、事故救済制度、診断制度、初期集中支援事業などの具体的な取り組みについて議論していきます。
 認知症の人が起こした事故に関する救済制度を審議する「事故救済制度に関する専門部会」について、平成30年度第1回会議を下記のとおり開催します。

2.開催日時

 平成30年5月11日(金曜) 13時から15時(予定)

3.開催場所

 市役所1号館14階大会議室(中央区加納町6−5−1)

4.議事(予定)

(1)部会長の互選
(2)事故救済制度の検討の進め方(案)
  ※「事故救済制度素案」及び「事故救済制度運用支援業務委託」の提案を事業者募集する予定としており、募集要領等(案)について審議。

5.メンバー(50音順)

河西 美保認知症の人と家族の会兵庫県支部代表
窪田 充見神戸大学大学院法学研究科教授
古和 久朋神戸大学大学院保健学研究科教授
手嶋 豊神戸大学大学院法学研究科教授
名倉 大貴兵庫県弁護士会弁護士
前田 潔神戸市認知症対策監
水上 然神戸学院大学総合リハビリテーション学部准教授

6.傍聴の定員

 20名

7.傍聴の手続

 傍聴を希望される方については、当日の12時30分から12時50分まで、会場にて受付いたします。
 受付終了後、定員を超えた場合は抽選により傍聴人を決定します。定員に満たない場合は、先着順で13時まで受付します。

8.注意事項

・提案募集を公正に実施するため、公開することで特定の者の利益若しくは不利益となる事項に関する審議は非公開とします(会議後半は非公開とする予定です)。
・会議を非公開とする決定があった場合は、傍聴人には退出をお願いいたしますのでご了承ください。
・報道関係の方については、会議冒頭から終了まで写真等の撮影及び会議の録音が可能です。ただし、会議を非公開とする決定があった場合は、前述と同様に退室していただきますので、予めご了承ください。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。