神戸市-KOBE-


神戸観光局 マーケティングディレクターの委嘱およびロゴマークデザインの決定について

神戸観光局ロゴ

記者資料提供(平成30年5月1日)
一般財団法人神戸観光局

神戸観光局 マーケティングディレクターの委嘱およびロゴマークデザインの決定について

 公民共同で具体的な観光事業の企画から実施までを一貫して行う組織として、昨年12月に発足した神戸DMO「神戸観光局」では、マーケティング手法を通じた観光戦略を推進するため、新たにマーケティング部門を設けるとともに、公募の結果、専門人材として「マーケティングディレクター」1名を下記の通り委嘱することとしました。
 また、神戸観光局のロゴマークデザインがこの度決定しましたので、併せてお知らせいたします。

1.マーケティングディレクターの委嘱について

(1)委嘱の内容

佐藤氏写真<氏名等>
 佐藤 敏亨(さとうとしゆき)、53歳
<委嘱期間>
 平成30年5月1日〜平成31年3月31日(更新あり)
<職務内容>
 神戸地域への国内外からの誘客を図るためのデータ分析、ターゲティング、最適なコンテンツ開発やプロモーション手法などの戦略策定及び実行、マネジメント業務

【佐藤氏の略歴】
1987年
 (株)リクルート入社。「ホットペッパー」全国各版の編集長、中国支社長を歴任
2012年
 (株)リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンターより(一社)広島県観光連盟に出向。
 中長期計画策定、着地型旅行商品造成・プロモーション、情報発信等、広島県の観光振興事業に従事。
2015年
 合同会社スマイル・ブルーム設立
 ・高知県地域観光商品造成等委託業務(中央・東部地域)総合プロデューサー
 ・広島県廿日市市シティプロモーション事業の企画立案・運営

(2)応募状況

申し込み総数119名の中から選考により決定

2.神戸観光局ロゴマークデザインについて

 一般公募による38作品の中から、神戸のランドマークであるポートタワーをモチーフとし、線を中心にバランスが取れたカラー配色のデザインを有する本作品に決定しました。
 今後は、観光ポスター、パンフレットなど各種PRツールでのロゴマークの使用をはじめ、神戸観光局の看板、ホームページなど様々な用途で展開していきます。

【ロゴデザインコンセプト】

 ランドマークであるポートタワーをモチーフとして、線を中心としたシンボルマークを構成。細い線を使うことでカジュアルなイメージと上質感を演出。
 「うみ(青)」「やま(緑)」「ひと(黄)」「まち(赤)」をイメージしたカラーを配色し、交差するそれぞれの線で「交流」を表現するとともに、「神戸と人の交流」「情報発信の中心地」という思いが込められています。

神戸観光局ロゴ縦・横