神戸市-KOBE-


世界初!市街地で水素100%による熱電供給を達成

記者資料提供(平成30年4月20日)
環境局環境政策部環境貢献都市課

世界初!市街地で水素100%による熱電供給を達成

 本市では、二酸化炭素の排出が少ないくらしと社会をめざして、利用段階で地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出しない水素エネルギーに着目し、「水素スマートシティ神戸構想」として、その利活用の促進に取り組んでいます。

 水素社会の実現をめざし、大規模な水素需要の創出につながる水素発電の導入に向けた取り組みとして、株式会社大林組、川崎重工業株式会社が平成27年度よりNEDO※1の補助採択を受け、ポートアイランドにおいて、水素と天然ガスを燃料としたガスタービンによる水素発電システム(1MW級)を整備し、周辺の公共施設へ電気と熱を供給する実証※2に取り組んでいます。本市は、実証フィールドの提供および社会的受容性の向上の観点から協力団体として実証に参画しています。

 昨年12月の実証プラント完成以降、水素と天然ガスの混焼および水素専焼によるガスタービン発電機単独での実証や、天然ガスによる熱や電気供給の実証などを行ってきました。そして、4月19日と20日に実施した実証試験において、市街地における水素燃料100%のガスタービン発電による電気・熱供給を世界で初めて達成しました。

 今後も引き続き実証事業に公民連携して進めていき、環境面、産業面をはじめとした様々な分野での貢献が期待される水素エネルギーの利活用の促進に取り組んでいきます。


※1 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
※2 水素CGS活用スマートコミュニティ技術開発事業(NEDO助成事業名称)