神戸市-KOBE-


市バス路線の一部委託に伴う受託候補者の決定

記者資料提供(平成30年4月17日)
交通局経営企画部総務課

市バス路線の一部委託に伴う受託候補者の決定

 交通局では、自動車事業の抜本的な経営改善を図るため、平成16年度から市バス営業所の管理委託を実施しており、現在、7営業所中4営業所の委託を行っています。
 このたび、新たに民間事業者の営業所を活用した営業所の管理委託を行うことによる、市バス路線の一部委託に伴う受託候補者選定提案競技を実施し、市バス路線の一部受託候補者選定検討委員会(以下「選定検討委員会」という。)での意見を踏まえ、受託候補者を決定しました。

1.応募事業者数

1社

2.委託対象

中央営業所が担当している2系統の一部

3.委託期間

平成30年8月1日〜平成35年3月31日(4年8か月)

4.受託候補者の選定

(1)受託候補者の選定にあたっては、客観性・適正性を確保するため、学識経験者、弁護士、公認会計士、交通局職員(2名)で構成する選定検討委員会を設置し、専門的観点から意見を聴取しました。
(2)具体的な選定基準として、

項目評価する内容配点
安全・安定運行・基本方針、総合的な姿勢
・受委託実施体制、要員確保計画の妥当性、実現性、安定性
・安全マネジメントに対する取り組み
・事故状況、事故対応の迅速性、適切性
・事業実績、事業経験の有無
40
経済性・委託料
・経営の安定性
30
サービス水準・教育・研修の計画性、妥当性
・苦情対応の適切性
・サービス水準向上への取り組みの妥当性、独創性
30

という3つの観点から、提案について審査を行った結果、要求水準を満たしていると判断し、受託候補者として決定しました。

5.受託候補者の選定結果

(1)受託候補者:神姫バス株式会社
(2)選定基準・評価結果

選定基準配点候補者
安全・安定運行・基本方針、総合的な姿勢
・受委託実施体制、要員確保計画の妥当性、実現性、安定性
・安全マネジメントに対する取り組み
・事故状況、事故対応の迅速性、適切性
・事業実績、事業経験の有無
4036
経済性・委託料
・経営の安定性
3024
サービス
水準
・教育・研修の計画性、妥当性
・苦情対応の適切性
・サービス水準向上への取り組みの妥当性、独創性
3020
合計10080

6.選定までのスケジュール

・第1回選定検討委員会     平成30年2月 9日
・募集要項の配布         平成30年2月20日〜26日
・応募提案書類の受付      平成30年3月19日〜23日
・第2回選定検討委員会     平成30年4月 9日
・受託候補者の決定        平成30年4月10日

7.今後の予定

 平成30年8月1日からの業務開始に向けて、運行計画・運行管理等の詳細や、営業所・車庫の具体的な使用方法・契約等について受託候補者と協議し、国土交通省への許認可申請を経て契約を締結します。

<参考> 市バス営業所の管理委託について
 管理委託とは、市は国土交通省から事業許可を受けた路線を保有したまま、受託事業者が市バス車両を使用し、市の運賃制度と運行計画(運行路線、運行回数等)に基づいて車両の運転、運行管理、営業所管理、整備管理などの業務を行う制度である。
 経営は全て市名義で行い、第三者に対する経営上の責任も市が負う。