神戸市-KOBE-


三宮プラッツロゴマークの投票開始

都心三宮ロゴ

記者資料提供(平成30年3月7日)
建設局
道路部計画課

三宮プラッツロゴマークの投票開始

 本市では、都心地域にある地下公共空間において「にぎわい」「いこい」の創出を目指しています。
 三宮プラッツが、市民の皆様により愛着を持っていただけるよう、来年度改修を予定している、三宮プラッツの取組みをイメージできるロゴマークを作成します。
 なお、決定したロゴマークは、三宮プラッツ改修時にエレベーター塔に掲出するとともに、イベントポスター等の広報にも活用します。
 次の4候補で三宮プラッツのロゴマークを決定するための市民の皆様の投票を実施しますので、ぜひ投票をお願いします。

◆投票期間◆

平成30年3月7日(水曜)から平成30年3月20日(火曜)まで

◆投票方法◆

 下記、神戸市ホームページから投票してください。
 ※投票は、御一人一回限りでご協力をお願います。
 または、郵送等でも受け付けます。
 (〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市建設局道路部計画課 ロゴマーク投票担当まで)
 http://www.city.kobe.lg.jp/life/town/road/sannomiyaplatz_rogo.html

◆デザイン案◆

 ロゴマークは、図と文字のセットです。

(A案)

A案

 

A案(パース)
<A案イメージパース>

コンセプト
 三宮プラッツの「三」の文字をモチーフに「新設の屋根、半地下階、地下一階」の空間を表現したデザイン。

(B案)

B案

B案(パース)
<B案イメージパース>

コンセプト
 三宮の頭文字「S」、プラッツの頭文字「P」をモチーフとしたデザイン。
また、「P」は、集合場所としてのフラッグ、船の帆のイメージをデザイン。

(C案)

C案

C案(パース)
<C案イメージパース>

コンセプト
 遊び、集まり、人々がそこをplayすることが重要というコンセプトで、建築の屋根デザインと物事が始まる再生ボタンとしての三角を、三宮プラッツの「三」を利用しデザイン。

(D案)

D案

D案(パース)
<D案イメージパース>

 人と人との交わりを「+」マークで表現し、反復することで、重なり合う交流がにぎわいを生み出す場所のイメージを表現。三角形は、港町神戸から「帆」をモチーフとしたデザイン。

◆その他◆

 ロゴマーク決定後、文字の配置等の細部について、多少変更することがあります。

◆参考◆

位置図
(三宮プラッツ位置図)

イベント実施状況
(平成29年度のイベント実施状況)

(三宮プラッツ改修のコンセプト等)
■活動を映し出すシンボルとなる屋根の提案
 ・三宮プラッツでの活動そのものがシンボルとなるよう、活動を映し出す下面を鏡面仕上げした屋根の設置
 ・屋根にゲートとしてのサイン機能を持たせ、街と港を結ぶことで都心の回遊性をサポート
 ・屋根は多面体形状とし、音を多様に拡散させる音響反射板として機能
 ・夜間イベント時には、照明により広場と階段を有効に照らすことで、万華鏡のように輝く夜間の新しい景観を創出
■その他の提案
 ・階段の一部をベンチとして配置しデッキ仕上げ
 ・エレベータ塔と給気塔の上部の緑化    など

■改修イメージパース(昼間)

昼パース
■改修イメージパース(夜間)

夜パース