神戸市-KOBE-


タグラグビー指導者研修大会の開催について

記者資料提供(平成30年2月14日)
教育委員会事務局
スポーツ体育課国際スポーツ室

タグラグビー指導者研修大会の開催について

 本市はラグビーワールドカップ2019(TM)の開催都市として、大会のプロモーション活動やラグビー普及啓発活動に取り組んでいます。
 この度、(公財)日本ラグビーフットボール協会(以下、「JRFU」)が、スポーツ庁からの委託事業として、中学校体育でのタグラグビー普及を目的に、中学校教員を対象とした「タグラグビー指導者研修大会」を下記のとおり開催しますのでお知らせします。なお、中学校教員を対象とするのは、今回が初めてで、市内公立中学校より38名の応募があります(昨年度までは小学校教員を対象)。

1.日時

平成30年2月16日(金曜) 15時から17時

2.場所

神戸市立吉田中学校  特別活動室(前半:講義)・体育館(後半:実技)
(神戸市兵庫区吉田町1丁目5番1号)

3.対象

中学校教員

4.講師

鈴木秀人(東京学芸大学教授、JRFU普及育成委員会タグラグビー部門アドバイザー)
冨岡耕児(JRFU普及育成部 Regional Development Officer、元日本代表選手)

昨年の様子

(参考)ラグビーワールドカップ2019 (TM)について

 ラグビーワールドカップ2019 (TM)は、ワールドラグビーが主催し、4年に一度開催される大会で、オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ観客数を誇る世界三大スポーツイベントです。2019年(平成31年)の日本大会は9月20日から11月2日にかけて全国12都市で開催され、神戸では神戸市御崎公園球技場を会場として4試合が行われます。