神戸市-KOBE-


「神戸市北野町山本通伝統的建造物群保存地区における建築基準法の制限の緩和に関する条例施行規則(案)」について皆さんのご意見を募集します

記者資料提供(平成29年12月15日)
住宅都市局
建築指導部建築安全課 担当者名 山田・黒川
TEL:078-322-5612 内線:5131
E-MAIL:kentikuanzen@office.city.kobe.lg.jp

「神戸市北野町山本通伝統的建造物群保存地区における建築基準法の制限の緩和に関する条例施行規則(案)」について皆さんのご意見を募集します

 神戸北野町山本通伝統的建造物群保存地区には、建築物をはじめとしてこれらに付随する門、塀など多数の伝統的建造物が存在しますが、現行の建築基準法(以下「法」)に適合しないものが多く、それらに関して建築行為を行う場合には現行法が適用され、保存し続けることが難しくなっています。
 そこで歴史的風致を保ちながら神戸らしい個性あるまちづくりを進めるため、法第85条の3(伝統的建造物群保存地区の制限の緩和)の規定により、法の制限を緩和する条例(以下「伝建条例」)を制定・公布しました。
 よってこのたび伝建条例の施行に関し、条例上の手続に必要な添付書類等について定めた「神戸市北野町山本通伝統的建造物群保存地区における建築基準法の制限の緩和に関する条例施行規則」(以下「施行規則」)を制定します。この施行規則(案)について、みなさんのご意見を募集いたします。

◆施行規則(案)概要◆

 別紙のとおり

◆意見募集期間◆

 平成29年12月15日(金曜)〜平成30年1月15日(月曜)まで

◆資料の閲覧◆

次の場所において閲覧に供します。
平成29年12月15日(金曜)〜平成30年1月15日(月曜)
(ただし、土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)は除きます。)
(1)神戸市住宅都市局建築指導部建築安全課(市役所2号館1階、中央区加納町6丁目5番1号)
(2)教育委員会事務局社会教育部文化財課(市役所3号館7階、中央区加納町6丁目5番1号)
(3)市政情報室(市役所2号館2階、中央区加納町6丁目5番1号)
(4)中央区役所まちづくり推進課(中央区役所4階、中央区雲井通5丁目1番1号)

◆意見の提出方法◆

次のいずれかの方法により書面でお願いします。
(1)郵送の場合:
 〒650−8570(住所不要)
 神戸市住宅都市局建築指導部建築安全課 意見募集(伝建条例施行規則)宛
 (平成30年1月15日(月曜)必着でお願いします。)
(2)FAXの場合:
 (078)322−6116
 神戸市住宅都市局建築指導部建築安全課 意見募集(伝建条例施行規則)宛
(3)電子メールによる場合:
 E-mail:kentikuanzen@office.city.kobe.lg.jp
 件名に「意見募集(伝建条例施行規則)」と記入してください。
(4)持参される場合:
 神戸市住宅都市局建築指導部建築安全課
 (市役所2号館1階、中央区加納町6丁目5番1号)
 (平日の9時〜12時、13時〜17時30分の間)

◆意見提出に関する注意事項◆

(1)この案件は、神戸市民の方のみならず、どなたでも提出していただけます。
(2)書式は自由ですが、必ず提出者の住所及び氏名(法人その他の団体の場合は、名称、所在地及び代表者の氏名)を記載してください。
(3)提出される書式には、「神戸市北野町山本通伝統的建造物群保存地区における建築基準法の制限の緩和に関する条例施行規則(案)」に対してのご意見・情報であることを明記してください。
(4)電話などによる口頭のご意見・情報の受付及びいただいたご意見・情報に対する個別の回答はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(5)いただいたご意見・情報に対する神戸市の考え方等を、神戸市ホームページにて平成30年3月中旬頃(予定)に掲載いたします。

◆個人情報の取扱いについて◆

(1)ご提出いただきましたご意見・情報は、住所、氏名、個人又は法人等の権利利益を害するおそれのある情報等、公表することが不適切な情報(神戸市情報公開条例第10条各号に規定する情報)を除いて、ホームページ等で公表させていただきます。
(2)個人情報等の取り扱いには十分注意し、個人が特定できるような内容では掲載いたしません。
(3)ご意見・情報、氏名、住所、電子メールアドレス等につきましては、神戸市個人情報保護条例に基づき、他の目的に利用・提供しないとともに、適正に管理いたします。
(4)ご提出いただいたご意見・情報の考慮に際し、内容を確認させていただく場合がありますので、氏名・住所の記載をお願いしています。

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。