神戸市-KOBE-


(仮称)神戸市生産緑地地区の区域の規模に関する条件を定める条例(案)の制定について皆様のご意見を募集します

記者資料提供(平成29年12月14日)
住宅都市局計画部都市計画課 丸岡・川崎
TEL:078-322-5480 内線:4526
E-MAIL:keikakuka_tochiriyou@office.city.kobe.lg.jp

(仮称)神戸市生産緑地地区の区域の規模に関する条件を定める条例(案)の制定について皆様のご意見を募集します

◆趣旨

 神戸市では、市街化区域内の農地(以下、都市農地)について、平成4年に生産緑地地区の当初指定を行い、保全してまいりました。
 国においては、平成27年4月に成立した都市農業振興基本法に基づき、都市農業振興基本計画を策定し、都市農地のあり方が「宅地化すべきもの」から「都市にあるべきもの」へ転換されました。さらに、平成29年5月には都市農地を計画的に保全するため、生産緑地法が改正され、生産緑地地区を定めることができる区域の規模を、地域の実情に応じて引き下げることが可能となりました。
 この法改正を踏まえ、神戸市では生産緑地の指定を希望する市民ニーズへの対応や、生産緑地制度のさらなる活用などにより都市農地の保全を図るため、(仮称)神戸市生産緑地地区の区域の規模に関する条件を定める条例(案)を作成することにいたしました。

◆概要

 神戸市では、小規模な農地であっても、生活の中で身近に緑に触れ合える都市の緑地機能を評価し、良好な都市環境の形成を図るため、生産緑地地区の面積要件「500平方メートル以上」を、条例により「300平方メートル以上」に引き下げます。

◆閲覧資料

・(仮称)神戸市生産緑地地区の区域の規模に関する条件を定める条例(案)の概要
・都市農地の保全・活用(国土交通省)(参考)

◆市民意見の募集について

 このたび作成することにいたしました(仮称)神戸市生産緑地地区の区域の規模に関する条件を定める条例(案)について、下記のとおり意見募集を行いますので、みなさんの意見をお寄せください。

・意見募集期間

 平成29年12月15日(金曜)から平成30年1月15日(月曜)まで

・資料の閲覧場所

(1)神戸市住宅都市局計画部都市計画課(市役所2号館4階)
(2)市政情報室(市役所2号館2階)
(3)神戸市経済観光局農政部計画課(市役所1号館8階)、西農業振興センター及び北農業振興センター
(4)各区役所まちづくり課若しくはまちづくり推進課、北須磨支所、北神支所又は西神中央出張所
(5)神戸市農業委員会事務局(市役所1号館7階)
(6)ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/urban/seisanryokuchi/index.html
   ※平成29年12月15日(金曜)から公開予定
   ※ホームページがご覧いただけない場合は、市政情報室(市役所2号館2階)のパソコンで閲覧できます。

 ただし、土曜・日曜、祝日および年末年始(平成29年12月29日(金曜)から平成30年1月3日(水曜)まで)は除きます。

・ご意見の提出方法

次のいずれかの方法により書面でお願いします。
(電話などによる口頭での意見提出はできませんので、ご了承ください。)
(1)郵送    〒650-8570(住所記載不要)神戸市住宅都市局計画部都市計画課宛
           (平成30年1月15日(月曜)の消印有効)
(2)ファックス 078-322-6095 神戸市住宅都市局計画部都市計画課宛
(3)電子メール keikakuka_tochiriyou@office.city.kobe.lg.jp
(4)持参    神戸市住宅都市局計画部都市計画課
         (市役所2号館4階、平日の8時45分〜12時、13時〜17時30分の間にご持参ください。ただし、年末年始(平成29年12月29日(金曜)から平成30年1月3日(水曜)まで)は除きます。)

 書式は自由ですが、必ず提出者の住所、氏名(法人その他の団体にあっては、所在地、名称及び代表者の氏名)及びこの条例(案)に対する意見であることを記載してください。

・ご意見の取り扱い

(1)いただいたご意見については、個人又は法人などの権利、利益を害する恐れのある情報などを除き、概要を公表し、ホームページ等で改めて一括して市の考え方を公表させていただきます。個別の回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
(2)ご意見、氏名、住所、電子メールアドレス等については、神戸市個人情報保護条例に基づき、他の目的に利用又は提供しないとともに適正に管理いたします。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。