神戸市-KOBE-


楽天ヴィッセル神戸(株)を、御崎公園球技場の次期管理運営事業者に決定しました

記者資料提供(平成29年12月13日)
神戸市建設局公園部管理課 長尾、槇原
TEL:078-322-5417

楽天ヴィッセル神戸(株)を、御崎公園球技場の次期管理運営事業者に決定しました

 御崎公園球技場(ノエビアスタジアム神戸)は(株)神戸製鋼所と(株)大林組の共同企業体からの事業提案を受けて平成13年10月に竣工、以後、両社の共同出資会社である神戸ウイングスタジアム(株)が15年間にわたり同スタジアムの管理運営を行ってきました。
 今年度末で同社との協定期間が満了するにあたり、このスタジアムを本拠地として活躍している楽天ヴィッセル神戸(株)から次期管理運営事業者を引き受けたいとの提案があり、同社との協議を行ってまいりましたが、このたび平成29年12月13日付けで平成30年度から10年間の管理運営に関する基本協定を締結し、正式に次期管理運営事業者として決定いたしました。
 今後、プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」を核としてスタジアムと周辺地域のさらなる活性化への寄与を期待すると共に2019年に開催されるラグビーワールドカップ大会の成功に向けて取り組んで参ります。

◆御崎公園球技場の施設概要◆

ノエビアスタジアム1名称:ノエビアスタジアム神戸
建築面積:31,706.15平方メートル
延床面積:58,744.22平方メートル
フィールド:11,371平方メートル
座席数:約30,000席
階数:地上7階

ノエビアスタジアム2