神戸市-KOBE-


平成29年度長田区総合防災訓練の実施について

記者資料提供(平成29年12月12日)
長田区総務部総務課 中野、田村
TEL:078-579-2311(内線207)

平成29年度長田区総合防災訓練の実施について

1.目的

 南海トラフ巨大地震を想定して、住民、事業者、行政機関等が協働した実践的な訓練を行います。
 訓練を通して地域の防災力及び地域住民の防災意識の向上を図り、互いの連携を強化して、災害に強いまちづくりの推進に寄与することを目的とします。

2.日時

 平成29年12月16日(土曜日)午前10時〜正午(小雨決行・荒天中止)

3.場所

 若松公園多目的広場(長田区若松町6丁目)

4.参加予定機関・団体(順不同)

 防災福祉コミュニティ、日赤奉仕団(長田区連合婦人会)、神戸常盤大学、長田区災害時の医療・介護提供協議会、湊建設工業株式会社、兵庫県湾岸開発株式会社、国土交通省六甲砂防事務所、長田警察署、神戸市建設局西部建設事務所、神戸市消防局長田消防署、長田消防団、神戸市水道局西部センター、神戸市環境局、長田区役所

5.訓練項目

 情報収集訓練、避難者受け入れ訓練、ダンボールベッド組立訓練、仮説トイレ設置訓練、応急給水訓練、炊き出し訓練、流木撤去訓練、救出救助訓練、応急救護訓練、消火訓練、災害時における医療救護活動についての講演、土石流実験装置実演、防災学習(展示)

6.その他

 − 情報収集訓練及び救出救助訓練では、ドローンを使用します。
 − 公園内の災害仮設トイレ用マンホールに仮設トイレを設置します。
   ※「マンホールトイレ」とは、下水道管路にあるマンホールの上に簡易な便座やパネルを設け、災害時においてトイレ機能を確保するもの
 − 悪天候等による訓練中止の決定は午前7時に行います。