神戸市-KOBE-


”須磨海浜水族園”第38回国際ウミガメシンポジウム in 神戸 開催記念 「ウミガメ博士の裏ガメスクール」参加者募集!

ロゴ

記者資料提供(平成29年12月11日)
神戸市立須磨海浜水族園 担当:石原、松沢、馬場
TEL:078-731-7301/5161 FAX:078-733-6333
URL:http://sumasui.jp/

”須磨海浜水族園”第38回国際ウミガメシンポジウム in 神戸 開催記念 「ウミガメ博士の裏ガメスクール」参加者募集!

 須磨海浜水族園では、日本初開催となる国際ウミガメシンポジウム(以下、本大会という)が神戸で開催されることを記念して、ウミガメ博士による特別講座を開催します。
 本大会には、約350題ものウミガメにまつわる発表が申し込まれており、約80ヶ国から約600名の参加が見込まれています。ところで、なぜ“ウミガメの話をするためだけ”に世界中から神戸までこれほど多くの人たちが来るのでしょうか?
 世界中の人を惹き付けるウミガメの裏話、略してウラガメをこの機会にウミガメ博士からお伝えしたいと思います。(参加者の)笑いあり、(ウミガメの)涙ありの一日をスマスイでウミガメ博士と過ごしませんか?

1.タイトル

 特別講座「ウミガメ博士の裏ガメスクール」

2.開催日時

 平成30年1月21日(日曜)10時〜16時

3.内容

 目からウロコのウミガメ裏話を聞いて体験。
 甲ら掃除・計測・観察・講演(浦島太郎は何ウミガメを助けたか?、ウミガメは万年生きるのか?、ウミガメ大航海の秘密、オスかメスかは温度で決まる、など)

4.対象者

 中学生以上(大人歓迎) 20名 (応募者多数の場合抽選)

5.参加費

 1人500円(別途入園料が必要)

6.持ち物

 汚れても良い服装、手を拭くためのタオル、軍手、長靴、筆記用具

7.応募方法

 当園のホームページのオンライン予約システム(https://www.sumasui.net/school) 、または往復はがきにて氏名、住所、年齢、電話番号、参加人数と年齢構成、を明記の上、下記まで申し込み。
 
 締め切り 平成30年1月10日(必着)

 〒654-0049 神戸市須磨区若宮町1-3-5
 神戸市立須磨海浜水族園 裏ガメスクール係

8.講師プロフィール

 石原 孝(当園 研究教育課・博士)

 愛知県名古屋市生まれ。三重大学でウミガメの生態調査をはじめる。東京大学大学院に進みアカウミガメの繁殖生態について研究を進め、成熟する年齢や大きさ、日本近海での成熟度などについて明らかにし、博士号を取得。全国津々浦々の海を訪れ、ウミガメの生態研究や保全を続けてきた。世界自然保護連合(IUCN)種の保存委員会ウミガメ専門委員/ウミガメの専門情報誌「うみがめニュースレター」編集委員長/日本の淡水カメ記録「亀楽」編集委員。

衛星発信機を取り付けてウミガメを放流する講師
衛星発信機を取り付けてウミガメを放流する講師

 当園では、日本初開催となる国際ウミガメシンポジウムが神戸で開催されるにあたり、共催者として園内に事務局を設置し実質的な運営を担うとともに、本大会を当園開業60周年記念事業のフィナーレとして位置付けています。

須磨海浜水族園