神戸市-KOBE-


「クールジャパン推進会議 in 神戸」を開催します

クールジャパンロゴ

記者資料提供(平成29年12月8日)
企画調整局政策企画部政策調査課 瀬合、北尾 TEL:078-322-5026
内閣府知的財産戦略推進事務局 前澤、馬場 TEL:03-3581-4225
兵庫県企画県民部地域創生局地域創生課 今井、中井 TEL:078-362-4217

「クールジャパン推進会議 in 神戸」を開催します

 内閣府、兵庫県と神戸市が共催で、下記の通り「クールジャパン推進会議 in 神戸」を開催いたします。

1.クールジャパン推進会議とは

 内閣府では、地方におけるクールジャパン資源の発掘・発信を目的として、松山内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略)が、地方都市へ赴き、知事・市長やクールジャパン分野で活躍する有識者とともに、地域における海外展開の成功事例や課題などを交え、地域のさまざまな魅力を一体的に発信していく方策などについて議論する「地方版クールジャパン推進会議」を開催しています。

2.「クールジャパン推進会議 in 神戸」の概要

 ◆開催日
  2017年12月16日(土曜)13時〜16時30分(予定)

 ◆開催会場
  ANAクラウンプラザホテル神戸(兵庫県神戸市中央区北野町1丁目)
  9階 「カモミール」(第一部)、「ジャスミン」(第二部)

 ◆プログラム
  第一部 日本酒ビジネスセミナー
        基調講演「灘五郷の日本酒はなぜ美味しいのか〜六甲山がもたらす恩恵〜」
         巽 好幸 (神戸大学 教授)
        パネルディスカッション「日本酒の輸出・インバウンド拡大を目指して」
         渡邉 賢一 ((株)XPJP代表取締役社長)【モデレーター】
         安部 ロブション 龍依 (JAPAN EXQUISE(株) 代表取締役)
         飯田 豊彦 ((株)飯田代表取締役社長)
         小野村 拓志 (日本食品海外プロモーションセンター次長)
         嘉納 健二 (灘五郷酒造組合理事長、白鶴酒造(株) 代表取締役社長)
         白樫 政孝 (剣菱酒造(株) 代表取締役社長)
         巽 好幸 (神戸大学 教授)
         北神 裕 (内閣府知的財産戦略推進局 企画官)

  第二部 クールジャパン推進会議
         テーマ「港都神戸の礎〜六甲山系の恵みと五国の豊穣〜」
         浜野 京 (内閣府 政策参与(クールジャパン戦略担当))【モデレーター】
         鵜殿 麻里絵 ((株)エムズブランディング 代表取締役社長)
         金井 良宮 (有馬温泉「陶泉 御所坊」ブランドマネージャー)
         キラン S.セティ ((株)ジュピターインターナショナルコーポレーション代表取締役社長)
         田辺 茂 ((一社)豊岡観光イノベーション事業本部長)
         安福 武之助 ((株)神戸酒心館 代表取締役社長)
         渡邉 賢一 ((株)XPJP代表取締役社長)
         松山 政司 (内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略))
         荒木 一聡 (兵庫県副知事)
         久元 喜造 (神戸市長)
         住田 孝之 (内閣府知的財産戦略推進事務局 局長)
         ※登壇者は予定であり、変更になる可能性があります。
         ※第二部終了後、松山内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略)のぶら下がり取材を予定しています。

 ◆募集人数 70名

 ◆申込方法 
  <一般> 下記内閣府申込先まで、(1)氏名、(2)所属(役職)、(3)電話番号、(4)傍聴希望(第一部、第二部、または両方)を記載の上、Eメールにて申し込みください。
  <取材> 下記内閣府申込先まで、(1)氏名、(2)年齢、(3)所属、(4)電話番号、(5)ムービー・スチール・ペンの別を記載の上、Eメールにて登録ください。
        【申込先】内閣府知的財産戦略推進事務局 担当者:馬場、見田
              MAIL:i.cooljapan@cao.go.jp
              ※申し込み多数の場合は、ご希望に添えない場合があります。
              ※内閣府及び現地担当者の案内に従ってください。

 ◆申込期限 2017年12月15日(金曜)12時

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。