神戸市-KOBE-


第21回 日本シッティングバレーボール選手権大会 開催

記者資料提供(平成29年12月7日)
保健福祉局障害福祉部障害福祉課
(社福)神戸市社会福祉協議会障害者スポーツ振興センター 田中・大久保
TEL:078-271-5330  FAX:078-271-5367  携帯:090-9098-0689

第21回 日本シッティングバレーボール選手権大会 開催

蘇るパラリンピックの感動!

 日本全国から男女24チームが神戸に集結して、2日間にわたり熱戦を繰り広げます。
 障害のあるなしにかかわらず楽しめるシッティングバレーは、プレイを通じて感動を共有し、お互いの理解を深め、交流を広げるスポーツです。
 日本のパラリンピック選手も神戸にやってきます。ぜひ応援に来てください!

競技日程等

第1日目 平成29年12月 9日(土曜)   開会式 11時30分から  競技 12時から
第2日目 平成29年12月10日(日曜)  競技 9時30分から  競技終了後 閉会式

会場

神戸市王子スポーツセンター(神戸市灘区青谷1丁目1)

参加

24チーム(男子16チーム、女子8チーム)

主催

一般社団法人日本パラバレーボール協会

共催

神戸市/(社福)神戸市社会福祉協議会障害者スポーツ振興センター

協力

オフィス24/神戸バレーボール協会/神戸女子大学バレーボール部

シッティングバレーボールについて

 ルールは一般の6人制バレーボールと同じです。国際バレーボール競技規則に準じて行われ、パラリンピックの競技種目になっています。2020年の東京パラリンピックの正式種目にも決定しました。
 シッティングバレーボールの大きな特徴は、常に床に臀部(お尻)の一部をつけてプレイすることです。そのため、ネットが低くなっています。(男子1.15メートル、女子1.05メートル)
 なお、神戸市では、毎年3月に神戸市シッティングバレーボール大会を開催しています。