神戸市-KOBE-


「第7期(平成30〜32年度)神戸市介護保険事業計画(案)」及び第1号保険料(65歳以上の方の保険料)の試算結果について

記者資料提供(平成29年12月1日)
保健福祉局
高齢福祉部介護保険課 林秀和、林純司
TEL:078−322−6229 内線:3183
E-MAIL:kobekaigohokenka@office.city.kobe.lg.jp

「第7期(平成30〜32年度)神戸市介護保険事業計画(案)」及び第1号保険料(65歳以上の方の保険料)の試算結果について

◆概要◆

 介護保険事業計画は3年ごとに策定することとしており、取り組むべき施策や保険料を設定することになっております。また、同計画は老人福祉計画(本市では「神戸市高齢者保健福祉計画」)との一体的策定が義務づけられていることから、「神戸市高齢者保健福祉計画」と一体の計画として策定します。
現在、神戸市市民福祉調査委員会介護保険専門分科会(分科会長:大和(おおわ)三重(みえ)関西学院大学人間福祉学部教授)において、第7期介護保険事業計画等策定のための調査審議を進めています。平成29年12月2日(土曜)午後2時30分から開催される同分科会で、健康寿命の延伸を目指したフレイル対策を含めた介護予防の取り組みのほか、認知症の人にやさしいまちづくりの推進、高齢者が安心できる多様な住まいの確保、介護保険制度の適正運営などの施策を盛り込んだ「第7期神戸市介護保険事業計画・神戸市高齢者保健福祉計画(案)」を審議し、あわせて現段階での保険料の試算結果について発表します。
 なお、「第7期神戸市介護保険事業計画・神戸市高齢者保健福祉計画(案)」については、平成29年12月13日(水曜)〜平成30年1月19日(金曜)に市民意見の募集を行います。(市民意見募集の際においては、別途資料提供いたします。)
第7期保険料については、国からの介護報酬の改定等を踏まえて修正を行った上で、介護保険条例案について平成30年第1回定例市会でご審議いただくことになります。

◆介護保険専門分科会◆

日時:平成29年12月2日(土曜) 午後2時30分〜4時30分(予定)
場所:たちばな職員研修センター
(報道関係のカメラ撮影は、冒頭、議事開始までとさせていただきますので、ご了承下さい。)

◆第7期神戸市介護保険事業計画・神戸市高齢者保健福祉計画(案)◆

 別添(関連資料)

◆保険料の試算結果◆

1.前提条件
(1)第7期介護保険事業計画期間における高齢者人口、要介護認定者数、在宅及び施設サービス量等を推計して試算しています。
  参考 第1号(65歳以上の方)被保険者の推計
       平成29年度   平成32年度
        約42万人  → 約44万人(+4.8%)
      うち75歳以上の高齢者
         約21万人  → 約23万人(+11.6%)
      要介護等認定者数の推計
       平成29年度   平成32年度
         約8.6万人 → 約9.5万人(+11.3%)

(2)保険料段階を第6期と同様に15段階としています。

2.試算結果
(1)介護サービス給付費総額(平成30〜32年度の3ヵ年合計)
 4,153億円程度 (第6期計画給付額:3,772億円)

(2)第1号被保険者の保険料基準月額
 6,400円程度 (第6期5,729円)
 ※保険料については、本人の課税状況や所得の状況、世帯の課税状況等に基づく段階設定により、負担額が異なります。

3.今後の変動要素
 保険料・所得段階・料率は、介護報酬改定の影響、介護給付費等準備基金の取崩し可能残高等を踏まえて、本市の予算編成過程において最終的に決定します。
(参考) 神戸市の過去の第1号保険料基準月額
    ・第1期(平成12〜14年度) 3,137円
    ・第2期(平成15〜17年度) 3,445円
    ・第3期(平成18〜20年度) 4,694円
    ・第4期(平成21〜23年度) 4,640円
    ・第5期(平成24〜26年度) 5,200円
    ・第6期(平成27〜29年度) 5,729円