神戸市-KOBE-


ネパールパラ水泳代表チームの合宿受け入れ

記者資料提供(平成29年11月29日)
教育委員会事務局スポーツ体育課 国際スポーツ室 山田、上山、小泉
TEL:078-322-6995 内線:6473 FAX:078-322-6149

ネパールパラ水泳代表チームの合宿受け入れ

〜東京2020パラリンピックに向けたトレーニング合宿〜

 平成29年9月、神戸市とネパールパラリンピック水泳連盟は、東京2020パラリンピックにおける神戸市での事前合宿実施について合意しております。
 この度、神戸市・神戸市社会福祉協議会・こうべ市民福祉振興協会・日本身体障がい者水泳連盟が連携して、外務省の協力のもと、ネパールパラ水泳代表チームのトレーニング合宿をしあわせの村で受け入れますので、お知らせします。
 2015年の地震による甚大な被害からの復興途上にあるネパールに対し、同じ地震被災地である本市は、スポーツ分野における復興支援として合宿の受入れを行い、東京2020パラリンピック出場に向けたサポートを続けてまいります。

1.参加者

・ビム・バハドゥール・クマル選手
・アカル・バハドゥール・タマン選手
・ジェニシャ・カダヤット選手
・サロジ・シュレスタ氏(ネパールパラリンピック水泳連盟会長)

2.日時

平成29年12月1日(金曜)〜12月7日(木曜)
※12月4日(月曜)に神戸から東京に移動、12月7日(木曜)まで東京滞在

3.練習施設

しあわせの村、ポートアイランドスポーツセンター

4.滞在スケジュール


12月1日(金曜)
午前ネパールよりバンコク経由 関西国際空港着
13時30分神戸市長表敬訪問(1号館14階第2応接室)
15時しあわせの村にて練習

12月2日(土曜)
9時ポートアイランドスポーツセンターにて日本身体障がい者水泳連盟主催の合宿に合流。
合わせて小学生との交流等を実施。
午後神戸市内視察
18時しあわせの村にて練習
12月3日(日曜)10時しあわせの村にて練習
午後神戸市内視察
12月4日(月曜)7時しあわせの村にて練習
午後新幹線で新神戸駅発、東京着
12月7日(木曜)未明羽田空港発、バンコク経由ネパールへ

(参考)経緯

・平成28年12月2日〜7日、外務省・スポーツ庁が中心となって運営している『スポーツ・フォー・トゥモロー』の枠組みを活用し、神戸市・こうべ市民福祉振興協会・日本身体障がい者水泳連盟が連携して、ネパールパラ水泳選手・スタッフの合宿をしあわせの村で受入れ。
・平成29年9月、ネパールパラリンピック水泳連盟会長と調整を行った結果、神戸市とネパールパラリンピック水泳連盟が、東京2020パラリンピックにおける神戸市での事前合宿実施について合意。

<取材について>

取材を希望される方は、別紙により11月30日(木曜)17時までにFAXにてお申込みください。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。