神戸市-KOBE-


新たにNPO法人を認定します

記者資料提供(平成29年11月27日)
市民参画推進局 参画推進部 市民協働推進課 担当:山根・村上
TEL:078−322−6836 内線:2284
E−Mail: plat@office.city.kobe.lg.jp

新たにNPO法人を認定します

 認定NPO法人制度は、NPO法人に対する寄附を促進し、その活動を支援するために設けられた制度です。寄附という形で、市民の社会貢献活動への参画が活発化することを目的としています。このたび、以下のNPO法人を認定NPO法人として認定します。

(1)法人の概要

法人名NPO法人ぱれっと
代表者川田 晋
所在地神戸市西区枝吉4丁目86番地1
目的この法人は、高齢者や障害者が住み慣れた居宅及び地域で自立した生活をいつまでも送れるように、生活支援事業及び就労・自立支援を含めた社会参画支援事業を行う。また、地域福祉向上に関する調査・研究や啓蒙啓発活動、ボランティアの育成なども行う。これにより、高齢者及び障害者の日常生活を包括的にサポートし、高齢者・障害者の自立と生きる目的作りを支えると共に、高齢者・障害者福祉の向上及び地域生活の活性化に寄与することを目的とする。
有効期間5年間(平成29年11月29日〜平成34年11月28日)

(2)認定書の交付

日時 平成29年11月29日(水曜)14時00分から
場所 市民参画推進局会議室(1号館17階)

【参考】
1 認定NPO法人制度とは
《概要》
 特定非営利活動促進法(NPO法)で定められた制度です。運営組織及び事業活動が適正で、公益の増進に資するNPO法人が認定を受けられ、税制上の優遇措置の対象となります。
 従来国税庁が認定事務を行っていましたが、NPO法の改正により、平成24年4月1日から、都道府県及び政令指定都市が認定に関する事務を行うことになりました。神戸市内にのみ事務所があるNPO法人については、神戸市が認定を行います。
《効果》
・認定NPO法人に寄附をした個人や法人が、税制優遇を受けられます。
・認定NPO法人自らが、収益事業で得た所得について税制優遇を受けられます。

2 神戸市内の認定NPO法人数
 平成29年11月29日現在で、今回認定の1法人含め、全21法人(うち特例認定2法人)