神戸市-KOBE-


アジアユースパラ競技大会日本代表が神戸市役所を表敬訪問

記者資料提供(平成29年11月24日)
保健福祉局障害福祉部障害福祉課
社会福祉法人神戸市社会福祉協議会障害者スポーツ振興センター
問合せ先 TEL:078-271-5330 fax:078-271-5367 大久保・西

みんなで応援しよう!

アジアユースパラ競技大会日本代表が神戸市役所を表敬訪問

 12月6日からドバイで開催されるドバイ2017アジアユースパラ競技大会「UAE・ドバイ」の日本代表として、神戸市垂水区在住の高校2年生 友野 有理(ともの ゆり)選手が卓球競技に出場します。
 友野選手のほか、神戸市からは、水泳競技で監督・コーチ・スタッフの3人の役員が世界に臨みます。日本代表となった友野選手と役員が、神戸市役所を訪問し、勝利を誓います。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで1,000日をきり、障害者スポーツに注目が集まっています。
 アジアユースパラ競技大会は次世代を担うアジアの若者がお互いの競技力を競い合う舞台です。若い力がアジアの大きな舞台で巻き起こす感動が、障害者スポーツ、そして障がいへの理解をいっそう深めることが期待されます。ぜひ注目してください。
 わたしたちのまち神戸から世界へ羽ばたく友野選手の活躍に大きな声援を送りましょう!

訪問日程

1 日時  平成29年11月27日(月曜) 16時30分から17時
2 場所  神戸市役所1号館15階 第3応接室

出席者(敬称略)

・選手
 卓球  友野 有理(ともの ゆり) 兵庫県立伊川谷高校
・役員
 水泳 監督  寺田 雅裕(てらだ まさひろ) 神戸市立工業高等専門学校
     コーチ 瀧元 良一(たきもと りょういち) 日本身体障がい者水泳連盟
     スタッフ 瀬川 海(せがわ かい)  滋賀大学

参考

ドバイ2017アジアユースパラ競技大会「UAE・ドバイ」について
・開催期間   12月10日から12月13日(4日間)
・今後の動き  結団式・出発 12月6日